色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

美容

髪の毛の紫外線対策はどうすると良い?浴びた後のケア方法も紹介

髪の毛も紫外線を浴びると悪影響なので良くないと聞いたのはいいけど、「実際にどんな紫外線対策をしたら良いのか分からない。」と悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

 

実際に、「肌の紫外線対策はしっかりやっているけど、髪の毛までは…。」という方も多くいらっしゃいますので、髪の毛の紫外線対策に悩まれる方は多いのかなと思います。

 

ここでは、髪の毛の紫外線対策や、紫外線を浴びた後のケア方法はどうすると良いのかをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

髪の毛の紫外線対策はどうすると良い?

髪の毛が紫外線を浴びることによる悪影響は、

・枝毛や切れ毛などの発生

・髪の毛の退色

などがあります。

 

枝毛や切れ毛などの発生

髪の毛は主にタンパク質で出来ているのですが、紫外線を浴びることにより、タンパク質を構成している「アミノ酸のシスティンの結合」を分解させてしまいます。

 

アミノ酸のシスティンの結合を分解されてしまうと、髪の毛を守っているキューティクルが剥がれ落ちてしまうことにより、髪の内部が乾燥しやすくなり「枝毛」や「切れ毛」、「裂け毛」の原因となってしまいます。

 

髪の毛の退色

紫外線はアミノ酸のシスティンの結合だけでなく、髪の毛の黒色の元となる色素である「メラニン」も分解してしまうため、髪が焼けてしまったかのような《茶色っぽい髪の色》へと変化してしまいます。

 

この現象を『光老化』と言いまして、この現象は紫外線を浴びた時間や強さに比例していますので、浴びた時間が長ければ長いほど、その影響はより強くなります。

 

そのため、紫外線対策を怠ると、髪の毛がパサパサになってしまい、実際の年齢よりも老けてみられやすくなるなど、見た目年齢にも影響を及ぼしてしまいます。

 

紫外線対策はどうする?

髪の毛が紫外線を浴びないようにするための対策として効果的なのは、「髪用の日焼け止めを塗る」ことです。

 

肌用の日焼け止めを使うと白くなってしまう場合もありますので、髪用の白くならない紫外線吸収剤が含まれる日焼け止めを使われるようになさってください。

 

日焼け止めを使われる際は、髪の毛だけでなく、頭皮の日焼けも防ぐためにも、頭皮にもしっかりと塗るようになさってください。

 

日焼け止めを塗るのに抵抗がある場合は、トリートメントの中でも「紫外線予防(UVカット)効果のある洗い流さないトリートメント」をお使いになる方法もありますので、そちらでも良いかと思います。

 

また、よりしっかりと紫外線対策を行いたいと思われましたら、髪用の日焼け止め以外にも、「UVカット加工された帽子」や「日傘」などを使われるとより効果的です。

髪の毛の紫外線ケアの方法は?

髪の毛の紫外線対策を行ったとしても、紫外線を全く浴びないということは難しかったりしますし、時期によっては海水浴などに行くこともあるかと思いますが、海水浴は特に紫外線の影響を受けやすかったりしますので、紫外線を浴びた後のケアも大切となってきます。

 

紫外線を浴びた後は髪の毛がダメージを受けている状態ですので、キューティクルを保護してくれる効果のある「ダメージヘア用のシャンプーやトリートメント」をお使いになられてケアを行うようになさってください。

 

ドライヤーで乾かしたりブラッシングをする前に、「ヘアオイル」や「洗い流さないトリートメント」などで髪を保護することも忘れないでください。

※強いブラッシングは髪への摩擦でよりダメージを与えやすいですので、特にご注意ください。

 

また、髪の毛が紫外線を浴びている場合は、頭皮も紫外線を浴びることにより日焼けをしている可能性もあります。

 

もし、頭皮にかゆみを感じたり、痛みを感じたりした場合は、頭皮が日焼けしている状態となりますので、頭皮へのケアもしっかりと行うようになさってください。

 

頭皮の紫外線対策や日頃のケアに関しましてはこちらで詳しく紹介していますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

⇒ 日焼けした後の頭にかゆみを感じる原因は何?対処法や日頃の対策も紹介!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

髪の毛は常に露出している状態であることが多いですので、顔やその他の部分の肌よりも紫外線の影響を受けやすい部分でもあります。

 

そのため、肌の紫外線対策も大切ですが、髪の毛の対策も日頃からしっかりと意識して行うようになさってくださいね。

-美容
-,