色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

美容

紫外線はマスクで防げるの?対策用のマスクで効果があるのは?

紫外線が気になる季節になるにつれて、その対策をどうしようかと悩むところですが、中には「マスクをすることで紫外線対策が出来るのか?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

毎回日焼け止めを塗るのは面倒ですし、もし、マスクで紫外線を防ぐことが出来るのでしたら助かりますよね。

 

ここでは、紫外線はマスクで防げるのかどうかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

紫外線はマスクで防げるの?

紫外線はマスクで防げるのかどうかですが、風邪をひいた時などに装着する一般的なマスクではほとんど紫外線対策としては効果がありませんので、紫外線を防ぐことが出来ません

 

マスクをしている分、その部分に関しましては「直射日光を受けなくなるであろう」という程度のことです。

 

ガーゼタイプなどの厚手のマスクに関しましては、多少は効果があるかもしれませんが、紫外線対策効果としましてはそれほど高くはありません。

 

もし、一般的なマスクで紫外線対策を行う場合は、「色の濃いマスク」は紫外線を比較的通しにくいですので、それなりの効果があると言えばありますが、あくまでもそれなりに…です。

 

紫外線対策のマスクで効果があるのは?

マスクをすることで、しっかりと紫外線対策をしていきたいとお考えでしたら、一般的なマスクよりは価格は高めとなりますが、「UVカットマスク」をされることをおすすめします。

 

UVカットマスクといっても、いかにも紫外線を完全防備していますと言った感じの見た目になることはなく、一般的なマスクと変わらない感じの見た目となりますし、デザインも可愛らしいものや落ち着いた雰囲気のものなど多くあります。

 

よりしっかりと紫外線対策をしたい場合は、目から下の顔の部分や首(後ろ側も)を覆って紫外線から守ってくれる「フェイスカバータイプ」のものもありますので、そちらを選ばれるもの良いでしょう。

 

ただ、見た目はいかにも(忍者のような見た目)といった感じなので、人目が気になる場合はあまりおすすめできません。

 

UVカットマスクを購入される場合は「UVカット率90%以上」のものを選ばれるようになさってください。

マスク以外の場所はどう対策を取ると良い?

UVカットマスクをしている部分は紫外線対策が出来ますが、そうでない部分は紫外線対策をしていないと、マスクをしている部分としていない部分で日焼けによる顔の色違いが起きてしまう恐れがありますので、マスクをしていない部分もしっかりと日焼け止めを塗るなどして対策を行うようになさってください。

 

ただ、中には日焼け止めを塗りたくない(塗れない)という方もいらっしゃるかと思います。

 

そのような方の場合は、「UVカット加工された帽子」や「UVカット加工されたアームガード」、「日傘」などをお使いになられることで紫外線対策を行うことができます。

 

また、《目》からも紫外線を吸収して、肌が紫外線を浴びた時のような反応を示す場合もありますので、「サングラス」や「UVカットメガネ」などをされることもおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

一般的なマスクでは紫外線対策としては効果が期待できませんので、UVカットマスクを装着されることで紫外線対策効果を高めることができます。

 

他にも、様々な紫外線対策グッズがありますので、ご自分に一番合ったものを選ばれて、しっかりと紫外線対策を行っていってくださいね!

-美容
-,