色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

生活や住宅

エアコンの掃除は必要なの?やり方や頻度はどれくらいが目安かも紹介

暑い季節が近づいてくると、エアコンの掃除を考える方も多くいらっしゃいます。

 

ですが、中には「そもそもエアコンの掃除って必要なのか?(必要性はあるのか?)」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ここでは、エアコンの掃除は必要なのかどうか、掃除のやり方やその頻度はどれくらいを目安にすると良いのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

エアコンの掃除は必要なの?

エアコンの掃除は必要なのかですが、やっぱり必要となります。

 

最近では、自動でフィルターを掃除してくれたりするなど、掃除機能がついたエアコンも増えてはきていますが、その機能だけで全ての掃除が行えるというわけではなく、あくまでも掃除の補助的な役割としての機能だったりします。

 

そのような自動掃除機能が付いていてもいなくても、エアコンを使用し始めてから徐々にではありますが、フィルターや内部にホコリが溜まっていきますし、冷房や除湿を行った際には、内部に水滴がたまりますのでカビが生えやすい環境になっていきます。

 

そのため、定期的な掃除が必要となりますし、掃除ではありませんが、水滴を溜めないためにも、冷房や除湿の行った後には「送風」や「内部乾燥」を行うようにされることで、カビが発生しにくい内部環境を保つことができます。

 

エアコンの掃除のやり方はどうすると良い?

エアコンの掃除を行う際の一番の方法は「業者に頼む」のが良いですが、業者にエアコンの掃除を頼むと、おおよそ『10,000円~15,000円』ほどと結構な金額となりますので、自分でも行うことができる掃除方法をご紹介します。

 

エアコンの周りを養生する

エアコンの掃除を行うと、ホコリや汚れなどが下に落ちますので、部屋や家具などが汚れてしまわないように、エアコンの周りをビニール袋などで養生し、エアコンの下周辺も養生を行い(何かしら物がある場合はどかす)、家具などは移動させるか、ビニール袋を被せるなどなさってください。

 

エアコンの外側やフィルターのホコリや汚れを取り除く

エアコンの外部のホコリ等は「クイックルワイパー」などを使って取り除き、エアコンのフィルターのホコリも取り除いていきますが、フィルターを外す前に掃除機でフィルター周辺のホコリをあらかじめ取り除いておきます。

 

このようにされることにより、フィルターを外す際にフィルター周辺のホコリの落下を防ぐことができます。

 

フィルターは柔らかい素材で出来ていたりしますので、フィルターの変形や破損を防ぐためにも、フィルターを外す際は一気に外さずにゆっくりと取り外すようになさってください。

 

また、ゆっくりと外すことにより、フィルターのホコリが飛び散ったりするのも防ぐことができます。

 

フィルターのホコリを掃除機で吸い取る時は、内側から吸い取るようにすると、ホコリがフィルターの目に詰まってしまう恐れがありますので、必ず「外側から吸い取る」ようになさってください。

 

フィルターのホコリを掃除機で吸い取りましたら、水洗いを行った後、日陰干しで乾くまでしばらく置いておきます。

 

吹き出し口とルーパーの掃除を行う

これらの部分の掃除を行う際は、必ずコンセントを抜いてから行うようになさってください。

 

吹き出し口のルーパー(エアコンの電源を入れた時に開いたり、電源を切った時に閉じる部分)を手で動かして、清潔なタオルや雑巾に薄めた中性洗剤を染み込ませ、細長い定規や割り箸などに巻きつけて拭いていきます。

 

中性洗剤を使っての拭き取りが終わりましたら、洗剤がルーパーに残らないように、水のみで絞ったタオルや雑巾で水拭きをします。

 

同様に、吹き出し口やその周辺(手の届く範囲内)も中性洗剤を染み込ませたタオルや雑巾で拭いていき、その後は、水のみで絞った絞ったタオルや雑巾で水拭きをしていってください。

 

送風で乾かす

フィルターが乾き、吹き出し口とルーパーの掃除が終わりましたら、フィルターを取り付けて、ルーパーを閉じてから、コンセントを差します。

※コンセントを差すのは、「必ず全ての作業を終えた後」にするようになさってください。

 

それから「送風」で《30分》ほど乾燥させれば掃除の終了となります。

 

市販のエアコン洗浄スプレーは使っても大丈夫?

市販のエアコン洗浄スプレーをお使いになられる際は、電装部品にスプレーがかかると故障の原因となりますし、内部のホコリが多い場合は、そのホコリが外に流れきれずに、結露水を外に出すホースを塞いでしまう恐れもあるなど、使用には十分に注意が必要となります。

 

また、スプレーをしてそのままではかえって事態を悪化せることに繋がりますので、スプレー後は必ず水洗いが必要となるなど結構大変です。

※水洗いが故障の原因となることもあります。

 

そのため、絶対にスプレーを使ってはいけないというわけではありませんが、スプレーを使われる場合は十分にご注意なさってください。

エアコンの掃除の頻度はどれくらいが理想なの?

エアコンの掃除の頻度ですが、エアコンの外側の掃除やフィルターの掃除などは「月2回(または、月1回)」くらいを目安になさってください。

 

また、エアコンの内部の水滴をそのままにしておかないためにも、使用後に「送風運転」に切り替えて乾かしたり、そこまでしないにしても、定期的に「内部乾燥(または、送風運転)」を行うようになさってください。

 

もし、カビ臭いにおいを感じたり、吹き出し口やルーパーやその周辺などに「黒いポツポツ」としたものが見えましたら、それはカビだったりするなど、すでにカビが発生しているサインとなりますので、このような場合は業者に頼まれるタイミングとなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

エアコンの掃除はやらないよりは定期的に行われたほうが、ホコリが溜まりにくかったり、カビが発生しにくい環境を保ちやすくなりますので、エアコンの掃除は必要です。

 

ただし、ある程度のところまではご自分でも掃除を行えますが、どうしても個人では限界があったりしますので、カビが発生しているサインを感じたり見つけた場合は、ご自分でまだ行えそうなら、よりしっかりとした掃除を行われるか、個人では難しそうな場合は、早い段階で業者に頼まれることをおすすめします。

-生活や住宅
-,