色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

生活や住宅

結婚式招待状の返信の書き方は?注意すべきマナーやメッセージも紹介

結婚式の招待状を受け取った時、「返信の書き方はどうすれば良いのか?」と悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

 

せっかくのおめでたい事ですので、マナー違反となることだけは絶対に避けたいところですので悩むところですよね。

 

ここでは、結婚式の招待状の返信の書き方はどうすると良いのか、結婚式の招待状を返信する際に注意すべきマナーや返信メッセージの文例などもご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

結婚式招待状の返信する時の書き方はどうするの?

結婚式の招待状を受け取った時の返信の書き方で、まず、何で書くのかですが、「毛筆」や「万年筆」で出来る限り書くようになさるのが基本となりますが、ボールペンでも駄目ではありません。

 

ですが、ボールペンで書かれる場合は油性タイプではなく《水性タイプ》のもので書くようになさってください。

 

また、色は『黒』で濃くハッキリと書くようになさってください。

 

グレーや、文字などが薄くなるような書き方は《不祝儀》を表す事になりますので、絶対に避けるようになさってください。

 

返信する際の書き方は?

■宛名の書き方

宛名のところで「〇〇行」となってる場合は、「行」を【様】に書き直しますが、その際、「行」の部分を二重線か斜線(一文字の場合に対して)で消すようになさってくだされば良いですが、どちらかに迷われる場合は、全て二重線で消すように統一なさっても大丈夫です。

 

二重線などで消される場合は、「定規」を用いたりしてきれいに線を引くようになさってください。

 

また、「行」はちゃんと線で消すようになさり、黒く塗りつぶすことは避けてください。

 

もし、宛名のところで、事前に【様】と「行」の両方が書かれている場合は、「行」のみを二重線などで消されれば良いです。

 

他にも、宛名の下(横書きの場合はその隣)の部分に空白があり、そこから少しずれた所に「行」が書かれていた場合は、「行」を二重線などで消して、その空白の部分に【様】を書かれるようになさってください。

 

■出席・欠席の書き方

出席、または、欠席を書かれる際ですが、どちらを書かれる際も基本的には【自分に対する敬語を消すようにする】ことを心掛けてください。

 

敬語というのは、結婚式の招待状に書かれている「御出席」などの《御》であったり、「御芳名」の《御芳》などがそれに当たります。

 

これらをすべて消すようになさるのですが、消す際は二重線などで消していってください。

 

線を消す際は、

・縦書きの場合は「縦線」で

・横書きの場合は「横線」で

消すようになさってください。

 

上記が出席、または、欠席のどちらを書かれる際にも共通する書き方となります。

 

次に、出席をされる場合は、

・御出席の「御」を消す

・出席を○で囲む(隣にレ点でチェックできる四角などがある場合はそちらにチェックする)

・御欠席を全て線で消す

ようになされば良いですが、出席の左上の部分には「喜んで(慶んで)」という言葉と、出席の右下の部分には「させて頂きます」という言葉を書かれるとより丁寧な印象になります。

 

欠席をされる場合は、

・御出席を全て線で消す

・御欠席の「御」を消す

・欠席を○で囲む(隣にレ点でチェックできる四角などがある場合はそちらにチェックする)

ようになさり、欠席の左上の部分には「残念ながら」という言葉と、欠席の右下の部分には「させて頂きます」という言葉を書かれると良いでしょう。

 

■名前や住所の書き方

名前や住所を書かれる際は、上記でもお伝えしましたとおり、出席、または、欠席の場合のどちらでも共通することとなりますが、「御住所」の《御》や、「御芳名」の《御芳》の部分を二重線などで消します。

 

もし、名前や住所のところで、「Name」や「Address」などの英語表記がされている場合はそのままで構いませんが、同時に「御住所」などの日本語が書かれていた場合は日本語の部分だけはこれまでと同様に、《御》の部分などを二重線などで消すようになさってください。

 

結婚式招待状の返信する時のマナーで注意すべきこととは?

結婚式の招待状の返信に関するマナーですが、招待状に返信の期限が記載されている場合であってもなくても、基本的には出来る限り早く返信するのがマナーとなります。

 

新郎新婦は結婚式の準備の関係もありますので、出来る限り早く返信をしてくれたほうが助かりますからね。

 

結婚式に出席をされる場合は、出来れば「2~3日以内」に、遅くても「1週間以内」には返信するようになさってください。

 

とはいえ、様々な事情があり、「招待状を受け取った時点では、結婚式当日の予定がどうなるのか分からない…。」ということもあるかと思います。

 

そのような場合は、必ず電話でそのような状況であることを伝えるようになさってください。

 

予定がはっきりとしない場合は、新郎新婦もずっと「どうなんだろう…。」と、モヤモヤした状態が続いてしまうことになります。

 

状況にもよりますが、場合によっては、せっかくのおめでたい事ですので出席したいところではあるかと思いますが、欠席を判断することも一つの方法かと思います。

 

間違っても、当日の予定がはっきりとしないからといって、

・期日に関係なく、予定が分かってから伝えるようにする

・返信しなければ、欠席すると判断してくれるだろう

といった自分勝手な考えはしないで、必ず電話で現在の状況を伝えるようになさってください。

 

欠席をする場合

結婚式の招待状の返信は出来る限り早いほうが良いとお伝えしましたが、欠席をされる場合で、その返信をされる際には注意が必要となります。

 

たとえ、様々な事情がありやむを得ず欠席することを決めたとしても、招待状を受け取ってすぐに返信すると、「出席する気が元々なかったのだろう。」と受け取られてしまうこともあります。

 

そのため、欠席をする場合の返信は、招待状を受け取ってから『1週間』ほど経ってから返信されるようになさってください。

 

とはいえ、遅ければ良いというわけでもなく、決められた期限を過ぎたり、期限内ギリギリの返信などは避けてください。

 

また、おめでたい事ですので、欠席理由が「出産」や「すでに予定が決まっていてどうしても外せない仕事がある(出張など)」場合などは、そのまま欠席理由を書いても(伝えても)良いですが、忌中などの《不祝儀》や《病気》などが理由の場合は濁して伝えるようになさってください。

 

欠席理由を濁す場合は、

「どうしても都合がつかないため出席することが出来ません」

「やむを得ない事情により欠席させて頂きます」

などの言葉を書かれる(伝えられる)と良いでしょう。

結婚式招待状の返信の書き方でメッセージはどうする?

結婚式の招待状の返信する時に、メッセージ欄が用意されている場合もありますし、あなたご自身が「何か一言を添えたい。」と思われることもあるかと思います。

 

そのような場合のメッセージとしての文例をご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

お祝いメッセージの文例:その1

ご結婚おめでとうございます

お二人の晴れの門出に立ちあわせて頂くことを嬉しく思います

 

お祝いメッセージの文例:その2

ご結婚おめでとうございます

末ながいお幸せとますますのご発展をお祈りしております

 

お祝いメッセージの文例:その3

ご結婚おめでとうございます

幸せな家庭を築いてください

当日お二人の幸せな姿を見れることを楽しみにしてます

 

以上となります。

 

上記は硬い印象を受ける文章ではありますが、もし、相手の方が友人の場合などは、もう少し砕けた言い方をしても大丈夫です。

 

「メッセージの文例:その3」を例にあげますと、

・いつまでも幸せな家庭を築いてください ⇒ いつまでも幸せな家庭を築いてね

など、砕けすぎない程度でありながら親しみを込めた文章のほうが、もちろん、最低限のマナーを守ることや、そのご友人の方との関係性にもよりますが喜ばれるかと思います。

 

また、おめでたい時に送るメッセージは、【お祝い事に区切りを付けない(終止符を付けない)】との理由から、「、」や「。」などの句読点は打たないようになさってください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

結婚式の招待状を返信する際の書き方で、消す部分がある場合は、基本的には「二重線(または斜線)」で消されると良いですが、その他の方法として、二重線の代わりに、消したい部分の上に【寿】を書くという方法もあります。

 

寿を書いて消すほうがよりお祝いの気持ちを伝えることができるので、より、自分の気持ちを伝えたいと思われましたら、こちらの方法をおすすめします。

 

とはいえ、必ず【寿】で消さないといけないというわけではありませんので、「二重線」で消されても大丈夫です。

 

基本的なマナーを守ることはもちろん大切ですが、あなたご自身のあなたらしいお祝いのお気持ちを伝えられると、新郎新婦の方もきっと喜んでくれると思いますよ。

-生活や住宅
-,