色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

生活や住宅

ご祝儀結婚式の金額の相場はいくらぐらい?書き方や渡し方も紹介!

結婚はおめでたいことではありますが、結婚式に呼ばれた時に「ご祝儀はいくら渡せばよいのか?」と悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

 

おめでたいことだからこそ、マナー違反となることだけは避けたいところですので気になるところですよね。

 

ここでは、結婚式のご祝儀の金額の相場はいくらぐらいなのか、ご祝儀袋の書き方や渡し方はどうすると良いのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

ご祝儀結婚式の金額の相場はいくらぐらいなの?

結婚式のご祝儀の金額の相場ですが、一般的には「3万円」程となっています。

 

ですが、ご自身とご祝儀を渡す相手の方との関係によってその金額の相場は変わってきますので、あなたから見た相手の方の立場による金額の相場をご参考までに以下のご紹介しておきます。

結婚式のご祝儀の金額の相場は?

・ご兄弟姉妹の場合…「5万円~10万円」

・甥や姪の場合…「5万円~10万円」

・従兄弟の場合…「3万円~5万円」

・ご友人やそのご家族の場合…「3万円」

・会社の上司…「3万円」

・会社の部下…「3万円」

・会社の同僚…「3万円」

となります。

 

ご祝儀を渡されるご自身の年齢やと相手の方との関係、お金にある程度余裕があるなどによってもある程度金額の相場は変わってきますが、上記の相場を目安にされて、ご無理をなさらない範囲の金額をお渡しになられれば良いかと思います。

 

また、ご祝儀を渡す際の金額に関しましては、基本的な考え方として「奇数の数字となる金額を渡す」ように心掛けてください。

 

と言いますのも、偶数の数字は割り切れるということから「別れる」といったこと連想させるために縁起が良くないと考えられているためです。

 

そのため、ご祝儀を渡される際は「奇数の金額を渡す」ようにされると良いですが、金額だけでなく『お札の枚数も奇数』にするようになさってください。

※3万円をお渡しになる場合は「1万札を3枚包む」ようにするなどです。

 

偶数の数字は絶対に選んではいけないの?

偶数の数字の中でも【2】に関しましては、「一対」であったり、「二つで一つ」といった《ペア》としての意味合いがあることから、2の数字が選ばれることも多くなってきています。

 

ただ、それでも「やはり偶数というのが気になる…。」という場合は、『1万札を1枚+5千円札を2枚』といったように、お札の枚数を奇数になさって渡されると良いでしょう。

実際にそのように渡される方たちも増えてきています。

 

また、【8】は「末広がり」ということでおめでたいと考えられていますし、【10】は偶数ではありますが、《1》が奇数なので問題ないとされていますので、ご祝儀の際にお渡しになされても大丈夫です。

 

絶対に選んではいけない数字

偶数の数字の中でも選んでも大丈夫な数字をご紹介しましたが、【4】と【9】だけは絶対に選ばないようになさってください。

 

と言いますのも、

・「4」は『死』を連想させる

・「9」は『苦』を連想させる

ために縁起が悪いとされています。

 

そのため、絶対に「4」と「9」は絶対に避けるようになさってくださいね。

 

ご祝儀袋で結婚祝いの時の書き方はどうすると良い?

ご祝儀袋の書き方ですが、表書きの上段中央部に「寿」や「御結婚御祝」などの名目を毛筆や筆ペン、黒のサインペンなど【濃くハッキリと】書きます。

ボールペンで書くのはマナー違反となりますので避けてください。

 

名前の書き方は、表書きの下部中央にご自身のお名前をフルネームでお書きになってください。

 

中袋の書き方は?

ご祝儀袋の中袋の書き方ですが、

・表側には「包まれた金額」

・裏側には「ご自身の住所とお名前」

を書きます。

 

金額の書き方ですが、中袋の表側の中央部分に、毛筆や筆ペンなどを用いて【漢数字で濃くハッキリと】書きます。

 

■漢数字はどう書くの?

漢数字での書き方ですが、以下のようになります。

・壱(いち)

・弐(に)

・参(さん)

・伍(ご/五でも可)

・七(しち/なな)

・八(はち)

・拾(じゅう)

・萬(まん)

・圓(えん/円でも可)

これらの漢数字を用いて金額をお書きになってください。

 

中袋の裏側には「ご自身の住所とお名前」を【中袋の裏側の左下部分】に住所から書いていきます。

 

住所を書かれる際は、都道府県や郵便番号まで書かれるとより丁寧となります。

ご祝儀の結婚式での渡し方はどうするの?

ご祝儀を渡す場合は、ご祝儀袋の中身が分からないように渡すことがマナーとなっています。

 

ご祝儀袋は「結び切りの水引きの祝儀袋」をご用意なさり、用意される場合はご自分で用意されても良いですし、市販のものをご購入されても大丈夫です。

 

お祝い金を中袋に入れる際は、

・新札を用意する

・お札の表(肖像のある面)を上にし、肖像側(顔の部分)が、ご祝儀袋全体で見た時の上側になるように入れる

ようになさってください。

 

また、ご祝儀袋を渡す際に、そのままバッグから出して渡すよりも、ふくさ(袱紗)に包んで渡されたほうがより丁寧な印象となります。

 

ふくさをお使いになられる場合は、「赤」や「朱色」といった明るめの色のものを使われるようになさってくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

結婚式のご祝儀の金額の相場はあくまでも目安になさって、ご無理のないようになさってください。

 

また、金額やお札の枚数に関しましては特にご注意なさってくださいね。

-生活や住宅
-,