色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

生活や住宅

自転車の傘さし運転は違反になるの?罰金は?させない場合の対策は?

自転車を利用する方にとっては、たとえ天気が雨だったとしても自転車を利用せざるを得ない場合もあるかと思いますが、自転車の傘さし運転は違反になるとかならないとかの話も聞いたりして、「一体本当のところはどっちなの?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

雨でも自転車を利用しないといけない方にとってはこの部分は気になるところですよね。

 

ここでは、自転車の傘さし運転は違反になるのかどうかをはじめ、気になる点などをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

自転車の傘さし運転は違反になるの?

自転車の傘さし運転は違反になるのかどうかですが、違反になります

 

2015年の6月1日に「道路交通法」が改正され、自転車に対しての罰則規定がより厳しくなったことにより、自転車の傘さし運転も取り締まりの強化がされるようになりました。

 

この道路交通法の改正が行われる前でも、実は、自転車の傘さし運転は危険行為とされてはいました。

 

ただ、危険行為とされてはいても厳しく罰せられるということは少なかったのですが、近年、自転車マナーの悪質化に伴い、道路交通法が改正されることになったということになります。

 

道路交通法の改正に伴い、自転車運転の危険行為というのが具体的に挙げられ、その項目は「14項目」あるのですが、傘さし運転に関しましては、その14項目めに当たる【安全運転義務違反】に該当するため違反行為となります。

 

このようなことから、自転車の傘さし運転は違反行為となるわけですが、自転車の傘さしに関しましては、自転車のハンドル部分に取り付ける《傘固定スタンド》などの道具がありますが、この傘固定スタンドなどを使った場合はどうなのかと気になる方もいらっしゃるかと思います。

 

傘固定スタンドなどの道具の使用を全面的に禁止をしている自治体がありますし、全面的に禁止はしていないけど、使用時に対しては条件を満たす必要があるなど、傘固定スタンドなどの道具を使うことに関しても厳しくなっています。

 

使用時の条件に関しましても、その条件に見合うことは難しく、仮に条件に見合ったとしても、その条件内での傘の大きさでは小さくて雨を防げないこともあったりします。

 

また、鋭い突起物がないことも条件だったりしますので、傘の先端はその突起物に該当するとも取れるため、結果的に傘固定スタンドなどの道具の使用(傘の固定)は違反対象になってしまうという条件もあったりするくらいです。

 

上記のことから、自転車の傘さし運転は、道具の使用時も含め違反対象になると考えて、傘さし運転は控えるようになさったほうが賢明です。

 

自転車の傘さし運転の罰金はいくらなの?

自転車の傘さし運転の罰金はいくらかと言いますと、「5万円」となります。

 

ただ、違反対象とみなされた場合に即罰金を支払うということではなく、14歳以上を対象に、3年以内に危険行為を繰り返す(2回以上の摘発)と『自転車運転者講習制度』の対象となり、受講料「5,700円」の3時間の講習を受ける必要があります。

 

もし、この講習を受けなかった場合は「5万円」の罰金が課せられることになります。

自転車の傘がさせない場合の対策はどうすればいいの?

自転車の傘さし運転が出来ないとなると、その対策はどうすれば良いのかということですが、目的地までの移動は公共交通機関を利用するか、レインウェア(合羽)の着用をされるという方法となってきます。

 

最近では、一昔のような合羽とは違って、自転車の前カゴまでを雨から防いでくれるものや、背中のリュックまでを雨から防いでくれるなどの機能性に優れたり、オシャレなものが増えてきています。

 

また、レインウェアを着た場合の欠点として「足元が濡れる」というのがありますが、その足元が濡れないように靴の上から履ける『レインシューズ』などもありますので、雨の日のお出かけをサポートしてくれるアイテムが増えています。

 

他にも、ツバの部分が透明になっているため前方の視界を確保しやすく、さらに、後ろの首も濡れないような設計となっている『レインキャップ』などもありますので、それらをお使いになられるのも良いかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

自転車の傘さし運転は違反となるため、傘さし運転は控えるようになさってください。

 

様々事情でやむを得ず自転車を利用しないといけない時は、レインウェアやレインシューズなどのアイテムを活用されることをおすすめします。

-生活や住宅
-,