色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

夏の行事

暑中見舞いの時期はいつまでに出すもの?文例は?はがきはどうする?

暑中見舞いを出そうと思った時、残暑見舞いの時期のことも考えると、「暑中見舞いはいつ頃までに出せばよいのか?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかと思います。

 

暑中見舞いを出す時期を間違えては相手の方にも失礼ですので、悩んでしまいますよね…。

 

ここでは、暑中見舞いの時期はいつまでに出すものなのか、その際の文例やはがきはどうすると良いのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

暑中見舞いの時期はいつまでに出すと良い?

暑中見舞いを出す時期ですが、「梅雨が明けてから立秋前まで」に出すようにされると良いでしょう。

 

暑中見舞いを出す時期には、

・小暑から立秋の前まで

・夏の土用の時期(およそ7月20日頃から)

などの諸説ありますが、暑中見舞いとは本来、夏の暑さが厳しい時期に日頃からお世話になっている方のお体を気遣ったり、自分自身の近況を相手の方に伝えるために出す挨拶状です。

 

そのため、梅雨が明けて「いよいよ夏を迎えるなぁ。」と感じる時期になったら暑中見舞いを出すようにして、遅くても立秋前までには出すイメージで良いでしょう。

 

ただし、相手の方が住まわれている地域によっては、まだ梅雨が明けていない場合もありますのでご注意くださいね。

 

もし万が一、立秋を過ぎてしまった場合は、暑中見舞いではなく「残暑見舞い」として出されるようになさってください。

 

残暑見舞いはいつまでに出せばよいのかですが、こちらも諸説ありますが、「8月中に送る」のが一般的となっていますので、『立秋を過ぎてから8月が終わる前まで』には相手の方に届くように出されると良いでしょう。

 

暑中見舞いの文例はどうなってる?

暑中見舞いの文例のいくつかを以下にご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

暑中見舞いの文例:その1

暑中お見舞い申し上げます

厳しい暑さが続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

私たちも暑さに負けぬよう頑張っております。

酷暑の折から、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

平成〇〇年○月(送る月に合わせてください)

 

暑中見舞いの文例:その2

暑中お見舞い申し上げます

真夏日が続いておりますが、ご一同様にはいかがお過ごしでしょうか。

今年の暑さはことのほか厳しく、秋の気配が待ち遠しい今日この頃です。

猛暑厳しき折、くれぐれもご自愛のほどお願い申し上げます。

平成〇〇年盛夏

 

暑中見舞いの文例:その3

暑中お見舞い申し上げます

蝉の声が日増しに賑やかになって来ました。お変わりなくお過ごしでしょうか。

昨年にもまして暑さが厳しく感じられます。

まだしばらくは厳しい暑さが続きますが、体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。

平成〇〇年○月(送る月に合わせてください)

 

残暑見舞いの文例(万が一残暑見舞いで出すようになった時):

残暑お見舞い申し上げます

立秋を過ぎたとはいえ厳しい暑さが続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

今年の夏はことのほか残暑が厳しいようです。

夏の疲れがでるのもこれからと申します。くれぐれも風邪など召しませぬよう御自愛ください。

平成〇〇年 晩夏(または、平成〇〇年八月)

 

全体の書き方の流れとしましては、

・暑中お見舞い申し上げます(または、残暑お見舞い申し上げます)

・時候の挨拶と相手の方を気遣う言葉を書く

・ご自身の近況やお礼、お知らせなどを書く

・相手の方を気遣う言葉と終わりの言葉を書く

・日付を書く

といった流れとなります。

 

上記3番目のところで、相手の方へのお礼(お中元や贈答品を頂いた場合など)や、ご自身に関する報告(引越しや結婚をした場合など)がある場合は、それをお書きになられると良いでしょう。

暑中見舞いの時期のはがきはどうするの?

暑中見舞いの時期のはがきはどうするのかですが、切手の柄が夏を感じさせるものになっている、「かもめ~る」と呼ばれている、暑中見舞い用(残暑見舞い用)の官製はがきが郵便局にありますので、それをご購入いただくという方法があります。

 

また、暑中見舞い(残暑見舞い)のはがきのデザインは「風鈴」や「スイカ」、「金魚」、「入道雲」など、夏を感じさせるデザインにされれば良いかと思いますが、絶対にそうでないといけないというわけではありませんので、よほど時期がずれてしまうようなデザインでなければお好きなデザインで良いです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

暑中見舞いの時期はいつ頃までに出すのかであったり、文例やはがきに関することをご紹介させていただきました。

 

暑中見舞い(残暑見舞い)は相手の方の体調を気遣ったり、ご自身に関する近況を報告したりする挨拶状ではありますが、年賀状と比べると出す人は少なくなる分、受け取られた方は、自分への気遣いやあなた自身などの近況を知ることができますので、きっと喜ばれるかと思いますよ。

-夏の行事
-,