色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

夏の行事

お中元のお礼状の例文でビジネスの場合はどう?マナーとしての注意点は?

ビジネス関係でお中元を頂いたのでお礼状を書こうと思った時、「どんなふうに書いたら良いのか分からない…。」とお困りになる方もいらっしゃるかと思います。

 

お礼状を書いたのは良いけど、それがマナー違反だったら相手の方に失礼に当たりますので、お礼状の書き方には悩んでしまいますよね…。

 

ここでは、ビジネス関係でのお中元のお礼状の例文や、お中元のお礼状に関するマナーなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

お中元のお礼状の例文でビジネスの場合はどうなの?

お中元のお礼状をビジネスの場合ではどう書くのかですが、以下に例文をご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてください。

 

お中元のお礼状の例文でビジネスの場合:その1

拝啓

盛夏の候、貴社におかれましてはますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、ありがたく厚く申し上げます。

さて、この度は大変結構なお中元の御品をお贈りいただき、誠に有難うございます。

早速、社員一同で有難く頂戴しました。

いつもながらの御芳志に心より御礼を申し上げます。

暑さはこれからが本番でございますので、皆様にはくれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

まずは略儀ながらも書中にてお礼申し上げます。

敬具

平成〇〇年○月○日

お礼状を贈るご自身の会社名
お礼状を贈るご自身の会社名

お取引先の会社名
お取引先の方のお名前

 

お中元のお礼状の例文でビジネスの場合:その2

拝啓

残暑の候、ますますご健勝のことと存じます。

平素は格別のご厚誼を賜りまして、本当に有難うございます。

また、この度はご丁寧なお中元の御品をご恵送賜り、誠に有難うございます。

日頃は私どもの方がお世話になっておりますのに、過分なお心遣いをいただきかえって申し訳ないことでございます。

今年は例年にない猛暑と聞いておりますので、どうぞ皆様にはお体にはおいとい遊ばしますよう切にお祈り申し上げます。

まずは書中をもちましてお礼申し上げます。

敬具

平成〇〇年○月○日

お礼状を贈るご自身の会社名
お礼状を贈るご自身の会社名

お取引先の会社名
お取引先の方のお名前

 

お中元のお礼状の例文でビジネスの場合:その3(今回は受け取るが今後のお中元をお断りする場合)

拝啓

盛夏の候、貴社におかれましてはますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

さて、この度はこの度はご丁重なお中元の御品をご恵送賜り、誠に有難うございました。

実を申しますと、弊社ではお取引先様からのご贈答はお受け取りできないことになっておりますが、今回はその旨をお伝えしておりませんでしたので、有難くご頂戴させていただきます。

今後はこのようなお心遣いはされませんようお願い申し上げます。

略儀ながらも書中をもちまして御礼申し上げます。

敬具

平成〇〇年○月○日

お礼状を贈るご自身の会社名
お礼状を贈るご自身の会社名

お取引先の会社名
お取引先の方のお名前

 

お中元のお礼状の例文でビジネスの場合:その4(今回のお中元を受け取らずに今後のお中元をお断りする場合)

拝啓

貴社におかれましてはますます御繁栄のこと、心よりお慶び申し上げます。

平素は格別なお引き立てにあずかりまして、本当に有難うございます。

また、この度は結構な御品をご恵贈頂き感謝の念に堪えません。

せっかくのお心遣いですが、弊社ではお取引先様全ての皆様と公平なお付き合いをさせて頂きたいとの趣旨から、いかなる理由がございましてもお取引様からのお贈り物はお受け出来ないことになっております。

誠に申し訳ありませんが、何とぞご了承いただけますようお願い申し上げます。

尚、誠に勝手なことではございますが、お贈りいただきました品は別便にて貴社宛にご返送させていただきました。

略儀ながらも書中をもちましてお礼ならびにお詫び申し上げます 。

敬具

平成〇〇年○月○日

お礼状を贈るご自身の会社名
お礼状を贈るご自身の会社名

お取引先の会社名
お取引先の方のお名前

 

お礼状の書き方の全体の流れとしましては、

・頭語(拝啓などを始めに書く)

・時候の挨拶(季節を表わす言葉)

・日頃からお世話になっていることに対するお礼を伝える

・お中元を頂いたことへのお礼を伝える

※1(お中元を自身の会社の規定により受け取ることができないことを伝える)

※2(お中元を受け取れないことに対するお詫びを伝える)

・結びの挨拶(相手の方の健康を気遣ったり、会社の発展を願う言葉を伝える)

・結語(敬具などを最後に書く)

となります。

 

なお、「※1」と「※2」に関しましては、お中元を受け取ることが出来ない場合に書かれるようになさり、そうでない場合は書かれる必要ありません。

 

また、お礼状を書かれる際は、ビジネスの場面もそうですが、特に目上の方に対して出される時は「縦書き」で書かれるようになさってください。

お中元のお礼状のマナーとして気を付けることとは?

お中元のお礼状に関するマナーとして注意する点ですが、お礼状は出来る限り早めに出すようになさることが大切です。

 

理想を言えば、お中元を受け取った当日に出されるのが良いですが、それが難しい場合は「2日~3日以内」までにはお礼状を出すように心掛けてください。

 

お礼状は本来であれば「封書」で出すのがマナーではありますが、近年では、はがきでお礼状を出してもマナー違反と見られないことも多くなってきています。

 

ただ、はがきの場合は《封書の略式》なものに当たりますし、第三者の目にも内容が知られやすくなります。

 

また、はがきの大きさを考えた時、たくさんの内容の文章を書くことが出来ないため、どうしても簡略的な文章になりがちとなってしまいます。

 

そのため、基本的にはビジネスの場面や目上の方にお礼状を出す時は、出来る限り「封書」でお礼状を出されたほうが良いかと思います。

 

さらに、最近の傾向を見ますと、メールでお中元のお礼状を済ませる方も増えてはきていますが、やはり、ビジネスの場面や目上の方に対してのお中元のお礼状は「封書(最低でもハガキ)」を出されたほうが良いでしょう。

 

メールでお礼を伝えられる場合は、すぐにはお礼状を書くことが出来ないけれども、出来る限り早くお礼の言葉は伝えたいという時にメールでお礼を伝えられた後に、お礼状を改めて出されるということでしたら、相手の方にもきちんとしているという印象を持ってもらえるでしょう。

この場合は、メールの後にお礼状を送ることが大切となってきます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

お中元のお礼状は出来る限り早めに出すことが大切ですし、ビジネスの場面や目上の方にお礼状を出す時は「封書」を出だされるように心掛けられたほうが、あなたご自身もしっかりとマナーを心得ているという印象を持たれるかと思います。

 

お礼状を書かれる際は、あなたご自身が相手の方に対する日頃のお礼と、今後も宜しくお願いしますというお気持ちを込めて書かれるようにされることが大切ですので、この記事を読まれることにより、少しでもおなたのお役に立つことが出来れば嬉しく思います。

-夏の行事
-,