色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

夏の行事

初盆の服装は女性の場合はどうする?ストッキングやアクセサリーは?

初盆を迎える際、その時の服装はどうしたら良いのかと悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

 

実際の話しでも、喪服などのちゃんとした服装が良いと言われたり、普段着の格好でも良いと言われたりしますので、「一体どっちが正解なの?」と悩んでしまいますよね。

 

ここでは、初盆の服装で女性の場合はどうすると良いのか、その際のストッキングやアクセサリーはどのようなものを選ぶと良いのかなどもご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

初盆の服装は女性の場合はどうすると良い?

初盆の服装で女性の場合はどうするのかですが、まず、初盆とは、亡くなった方が初めて迎えるお盆のことで、あの世から家に帰ってくるので、みんなで盛大にお迎えをしてあげるということですので、初盆は「喪に服す」ものではありません。

 

そのため、初盆と聞くと、喪服を着ることをイメージされる方もいらっしゃいますが、本来であれば『喪服を必ず着なければならない』ということはないんです。

 

ただ、最近は、初盆には喪服を着ることが一般的な傾向が強くなっているため、初盆の服装に関して特別な指定がない場合は「喪服を着る」のが良いでしょう。

 

その際ですが、初盆の時期は暑い時期でもありますので、「半袖」か「七分袖」のものでも問題はありません。

 

喪服以外では、初盆の服装に関して『平服』を指定される場合もあるかと思います。

 

平服と聞くと、なんだか「簡素な服装でいいのかな?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、平服とは【略礼装】のことを示していて、ジーンズなどのカジュアルな格好のことを示しているわけではありません。

 

略礼装とは、正式な礼装を略したもので、一般的な喪服を簡略化したものを言います。

 

女性の場合で言いますと、

・「無地の黒」、「ダークグレー」などの【スーツ】か【ワンピース】

などがそれに当たります。

 

スーツは「パンツスタイル」でも「スカートスタイル」のどちらでも構いませんが、スーツを選ばれる場合は、インナーは「白」か「黒」を選ばれると良いでしょう。

 

ワンピースを選ばれる場合は、ジャケット付きのワンピースを選ばれると、暑かった時や、万が一、周りの人たちとの服装に違いがあり浮いてしまいそうな時などに、ジャケットを脱ぐことでワンピースに早変わりできたりしますので便利です。

 

服装を選ばれる際は、

・胸元が開いた服装

・背中を露出するような服装

・ノースリーブ

・派手な柄や色の服装

・膝が見えるような丈のミニスカート

などは避けるようになさってください。

 

また、マナー違反というわけではありませんが、タイトなパンツやスカートなどは、正座などをした場合に足を締め付けてしまったりするなど、何かと不便なことがありますので出来れば避けられて、ゆったりしたサイズのものを選ばれるのをおすすめします。

 

初盆の服装でストッキングは何を選ぶと良い?

初盆の服装でストッキングはどんなものを選ぶと良いのかですが、色は「黒」か「ベージュ」のどちらかを選ばれれば良いですが、どっちが良いのか迷った場合は【黒】を選ばれたほうが無難です。

 

柄ものやラメ入り、ワンポイントが入っているタイプのものは避けるようになさってください。

 

また、靴は「光沢がなく、足先が見えない黒のパンプス」を履かれれば良いでしょう。

初盆の服装でのアクセサリーの注意点とは?

初盆の服装でのアクセサリーを付ける際の注意点ですが、金のイヤリングやネックレス、花やハートの形をしたイヤリングや大きいサイズのイヤリングなど、派手なものや目立つもの、その場にふさわしくないネックレスやイヤリングなどは絶対に避けるようになさってください。

 

アクセサリーを身につける場合は、白かグレーのパールのネックレスやイヤリングのみを付けるようになさってください。

 

また、髪留めは「黒」を選ばれると良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

初盆の服装は「何を着ていったら良いのか?」と本当に悩むところですが、地域やその家によってそれぞれの考え方がありますので、一番の理想は周りの方たちに聞くのが確実です。

 

喪服や平服の場合は今回ご紹介しました服装で良いかと思いますが、もし、喪服や平服以外の服装で「涼しいラフな格好で」と言われた場合は、【清楚なワンピース(黒や華やかなものは避ける)】と【ワンピースに合わせた靴(出来ればローヒールで地味め)】など、派手すぎない程度の服装を選ばれれば良いかと思います。

 

初盆の時期は暑い時期でもありますので、脱水症状などには気を付けて、こまめに水分補給をされたり、暑いのに無理をして上着を着続けたりすることは避けるようになさってくださいね。

-夏の行事
-,