色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

夏の行事

初盆のお布施の相場はいくらぐらい?表書きやのし袋はどうすると良い?

初盆を迎えることになった時、「お布施はいくらぐらい包めば良いの?」と悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

 

お坊さんに直接聞きたくても聞けなかったりしますし、直接聞けたとしても「お気持ちで結構です。」と言われたりするとますます悩んでしまうところですよね。

 

ここでは、初盆のお布施の相場いくらぐらいなのか、その場合の表書きやのし袋はどうすると良いのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

初盆のお布施の相場はいくらぐらいなの?

初盆のお布施の相場ですが、「2万円~3万円」が一般的な目安となっています。

 

ただ、これはあくまでも一般的な目安であり、どの金額が正解ということはありません。

 

上記金額よりも少ない金額(5千円や1万円など)を包まれていたり、多い金額(5万円やそれ以上)を包まれている所もありますが、『お布施をいくらぐらい包めばよいのか?』と悩まれる場合は【2万円~3万円】を目安にお考えになられれば、世間一般的な考え方から大幅にずれてしまうということはないでしょう。

 

また、お布施の他にも、「御膳料」や「御車代」などをお渡しします。

こちらもおよその相場はそれぞれ「5,000円」程となります。

 

御膳料は、本来は一緒に食事をしてもらうこと為だったりするのですが、お盆の時期は他の方とも集中するために、なかなか一緒に食事をすることが難しかったりするため、「御膳料(お坊さんが複数いた場合はその人数分)」としてお渡しします。

 

また、お寺で食事をされる場合で控室などを借りる場合は「御席料(5,000円程)」をお渡しします。

 

御車代は、お寺ではなくお家に来て頂いた場合にお渡しします。

 

まとめますと、

・お寺で行われる場合は…「お布施」・「御膳料」・「御席料」

・お家で行われる場合は…「お布施」・「御膳料」・「御車代」

をお渡しされると良いでしょう。

 

御車代は断られる場合もありますが、『暑さ厳しき折の、手前どもの心遣いです。どうぞお納めください。』などの言葉をおっしゃられれば、相手の方も受け取られると思います。

 

また、お布施と御膳料などは別々の袋にしたほうが良いのかどうかですが、それはどちらでも良く、一つの袋にまとめて入れても大丈夫です。

 

初盆のお布施の表書きはどう書くと良い?

初盆のお布施の表書きですが、お布施の袋の上部中央に「御布施」か「お布施」とお書きになってください。

 

その場合ですが、香典のように薄墨で書くのではなく、黒い墨の筆ではっきりと書くようになさってください。

 

人によっては字を書くことが苦手だという方もいらっしゃるかと思いますが、気持ちを込めて書くことが大切ですので、いい加減に書いたりすることは避け、ご自分なりに丁寧に書かれるようにされれば良いかと思います。

 

上部中央に「御布施」か「お布施」と書かれましたら、その下部中央に喪主の方のお名前をフルネームで書かれるか、「〇〇家」として書かれるかのどちらかでお書きになってください。

 

上記のお布施の相場のところで、お布施と御膳料の袋は分けたほうが良いのかどうかということをお伝えしましたが、一つの袋でまとめた場合は【御布施(またはお布施)】と書かれれば良いです。

 

別々に分けられる場合は、御膳料が包まれた袋には「御膳料」と、御車代が包まれた袋には「御車代」と、お布施の袋の上部中央にそれぞれお書きになってください。

初盆のお布施ののし袋はどうすると良い?

初盆のお布施ののし袋は地域によって違いがあり、関東では「白黒ののし袋」で、関西では「白黄ののし袋」を使うこともありますが、このような風習があるところではそのようにされると良いでしょう。

 

一般的な考え方としましては「真っ白な封筒」を用意されれば良いでしょう。

 

100円ショップやスーパーなどのお店で「御布施」と書かれている封筒がありますので、そちらを利用されても構いません。

 

お布施の封筒は必ず【一重】のものを選ぶようになさってください。

 

二重のものを選ぶと、同じことが重ねて起きるという意味で、「不幸なことが重なってしまう」とされるため良くないとされています。

 

そのため、お布施の封筒は二重ではなく【一重】のものを必ず選ぶようになさってください。

 

また、お布施をお渡しになる場合は、直接手渡しをされるのはマナー違反ですので、「お盆」や品物を同時にお渡しする場合は「その品物の上」に置いてお渡しするようになさってください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

お布施の金額を直接聞かれることは決して失礼に当たることはありませんので、出来れば直接聞いて、その金額を包まれるという方法も良いかと思います。

 

初盆のお布施の相場を今回ご紹介させていただきましたが、絶対にこのくらいの金額でないといけないということではありませんので、あくまでもご参考になさる程度になさってくださいね。

-夏の行事
-,