色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

仕事

送別会で送られる側はお金を包むものなの?お礼はどうする?

会社を退社することになり、自分のために送別会を開いてくれることになった時、「自分もお金(会費)を払ったほうが良いのかどうか?」と思われる方もいらっしゃるかと思います。

お金を包んだ方が良いとか、必要ないとか両方の意見を聞くこともあったりして、送別会を開いてくれるのは嬉しいけど、「一体、どっちが本当なんだろう?」と悩んでしまいますよね。

ここでは、送別会で送られる側はお金を包むものなのかどうか、送別会を開いてくれたことへのお礼はどうするのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

送別会で送られる側はお金を包むものなの?

送別会で送られる側はお金を包むべきかどうかですが、基本的にはお金を包む必要はありません

 

送別会は、会社に残る者同士が退職される方を快く送るという気持ちから開かれるものですので、送られる側の方からは基本的には会費を受け取るということはしません。

 

ただ、基本的には会費を受け取ることはしませんが、会社によっては「寸志」として、送られる側の方が少しでも会費の足しにしてくださいとの思いから、幹事の方に渡す風習がある会社もあったりします。

 

このような会社の場合は、寸志を出すことがマナーのような風習になっていますので、事前に上司の方や幹事の方に「寸志はいくらぐらい必要なのか?」をよく確認をしておく必要があります。

 

寸志が必要ないところでは、上司や幹事の方に寸志の確認を取った場合、「気持ちだけ受け取っておきます。」などで、実際には受け取ってくれなかったりしますので、その場合は無理に差し出す必要はありません。

 

会費を出さなくても良い会社の場合はお金を包む必要はありませんが、何をしないというのもマナーとしてよくありませんので、働く日の最終日や退社後の後日に菓子折りなどを持っていかれると良いでしょう。

 

以上のように、各会社によってはそれぞれの風習やルールなどがあったりしますので、事前に確認を取るようになさると良いでしょう。

送別会で送られる側のお礼はどうすると良い?

送別会で送られる側のお礼ですが、自分のために送別会を開いてくれたわけですので、何かしらのお礼はしたいという気持ちもあるかと思います。

 

そのような場合は、「菓子折り」や「飲み物」などの日持ちして形に残らないものをお礼として渡されるのが良いでしょう。

 

その他では「ハンカチ」や「ハンドタオル」なども定番となっているので良いかと思いますが、もし、その職場にいる方の人数が多い場合は、各一人一人に配るとそれなりの負担となってしまいますので、ハンカチやハンドタオルにするかどうかはご自身の判断でお決めになさってください。

 

菓子折りや飲み物を渡される場合は、例えばですが、職場にいる方の人数が10人なのに、菓子折りには8人分しか入っていないなど、誰かには渡らないという状況は避けないといけないため、最低限その職場の人数分は入っているものを用意するなど、渡す際には最低限の人数分はあるかどうかご注意なさってくださいね。

 

もし、もう少し気持ちを込めたいと思われましたら、各一人ずつに対して感謝の気持ちを込めたメッセージカードや手紙などを添えて渡されると、よりお気持ちが伝わるかと思います。

 

他にも、お礼に関することで言いますと、場合によっては、送別会で送られる側の人があなた以外の方も一緒におられる場合もあるかと思います。

 

そのような場合でお礼をされる場合は、送別会でお礼をされる場合は、あなただけお礼を渡すようなことをしてしまうと、他の方が気まずい思いをしてしまったり、あなたご自身が感じ悪く受け取られてしまう可能性もありますので、送別会で渡す予定でしたら、事前に他の方たちと相談をされたほうが良いでしょう。

 

職場での最終日や、退職後の書類などを受け取るために会社に訪れるなどの後日にお礼を渡される場合は、お一人でお礼を渡されても良いかと思いますが、職場の最終日に他の退職予定者の方がいる場合などは、後日にお礼を渡されたほうが良いかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

基本的には送別会で送られる側の人はお金を包む必要はありませんが、各会社によっては寸志を出す風習があったりしますので、事前によく確認をされることをおすすめします。

 

また、お金を払わなかったとしても、「送られる側はお金を出さないのは当たり前」といった気持ちは持たないで、感謝の気持ちをあなたらしくお伝えされるようになさってくださいね。

-仕事
-,