色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

仕事

送別会の挨拶で送られる側の例文は?気を付けるべきマナーとは?

送別会で送られる側になった時、挨拶を求められることがありますが、「どうやって挨拶をしたら良いのだろうか?」と悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

普段から挨拶に慣れている方ならともかく、慣れていなければ本当に困ってしまうところですよね。

ここでは、送別会で送られる側が行う挨拶の例文や、挨拶時に注意すべきマナーもご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

送別会の挨拶で送られる側の例文は?

送別会で送られる側の方が挨拶を行う場合ですが、大まかな挨拶の流れとしましては、

・送別会を開催していただいたことへ感謝の言葉

・退職日(異動日)や、退職する理由(あくまでも差し支えない範囲で)

・印象に残っている職場でのエピソード(思い出)

・これまで一緒に働いてきた方たちへの感謝の言葉

・挨拶の締めの言葉

といった流れで挨拶をされると良いでしょう。

 

それらを踏まえた上で、挨拶の例文を以下にご紹介していきます。

 

退職(中途)する場合の挨拶の例文

本日は私のためにこのような会を開いていただきまして、本当に有難うございます。

 

皆様から温かいお言葉を頂き、心から嬉しく思っています。

 

この度、○月◯日付けで退社することになりました。

 

皆様にはご迷惑をおかけするばかりで大変申し訳なく思っております。

 

入社以来◯年になりますが、社長をはじめ、〇〇部長や、社員の皆様には大変お世話になりました。

 

温かい皆様と過ごさせて頂いたことは、私にとってはかけがえのない宝物であり、決して忘れません。

 

最後になりましたが、今後の皆様のご活躍と会社の発展をお祈り申し上げ、お礼の挨拶とさせていただきます。

 

今まで本当にありがとうございました。

 

退職(定年)する場合の挨拶の例文

本日は私のためにこのような会を開いていただき、誠に有難うございます。

 

また、皆様から温かいお言葉を頂き感激しています。

 

早いもので入社以来◯◯年になりますが、時には厳しく、そして温かく私を導いてくださった先輩や上司の方々、私に従い支え続けてくれた皆さんには心から感謝いたしております。

 

本日、無事に定年の日を迎えることができましたのも、全てみなさんのおかげです。

 

最後になりましたが、今後の皆様のご活躍と会社の発展をお祈り申し上げ、退職の挨拶とさせていただきます。

 

長い間、本当にお世話になりました。

 

退職(寿退社)する場合の挨拶の例文

本日は私のためにこのような立派な会を開いていただき、本当に有難うございます。

 

また、皆様から温かいお言葉を頂き感激しています。

 

ちょうど、この○月で入社◯年目を迎えるはずでした。

 

入社してからは、定年まで勤めたいと思いながら過ごしてきましたが、本当に人生が何が起こるか分からないものですね。

 

この度、ご縁をいただき〇〇に嫁ぐことになりました。

 

今回の退職で多くの皆様にご迷惑とご負担をおかけしてしまうことになり、大変申し訳なく思っております。

 

温かい皆様に恵まれ、まだこの職場で皆様と一緒に仕事をしていきたいと思っている自分がいるのも正直なところであり、そこは残念でなりません。

 

ですが、このような気持ちになることができている自分は本当に幸せだったのだと、今改めて感じているところであります。

 

最後になりますが、今後の皆様のご活躍と会社の発展をお祈り申し上げ、お礼の挨拶とさせていただきます。

 

今まで本当に有難うございました。

 

異動や転勤する場合の挨拶の例文

本日は私のためにこのような立派な会を開いていただき、本当に有難うございます。

 

また、皆様から温かいお言葉を頂き感激しています。

 

この度、○月◯日付で〇〇課に移動することになりました。

 

こちらで過ごした◯年は、温かい皆様に恵まれたことや、やりがいのある仕事に恵まれたこともありまして、本当にあっという間でした。

 

今後は〇〇が私の新たな職場となりますが、こちらで学ばせていただいたことを忘れず、精一杯力を発揮して参りたいと思っています。

 

〇〇課長(支店長など)をはじめ、皆様には大変お世話になりました。

 

最後となりますが、今後の皆様のご活躍と〇〇課(支店)の発展をお祈り申し上げ、お礼の挨拶とさせていただきます。

 

今まで本当にありがとうございました。


送別会の挨拶で送られる側が注意すべきマナーは?

送別会の挨拶の時に送られる側が注意すべきマナーですが、

・長すぎる挨拶

・上から目線と捉えられる挨拶

・自分の武勇伝を語ると行った自慢話としか思えない挨拶

などにならないように十分にご注意ください。

 

このような挨拶をしてしまうと、せっかくの送別会を台無しにしてしまう可能性があります。

 

そのため、

・挨拶は「3分(長くても5分以内)」にするように心がける

感謝の気持ちを伝える挨拶を行う場であることを忘れない

ということを意識されるようになさることが大切です。

 

また、挨拶を行う際は、緊張することで早口になりやすかったりしますが、それだと挨拶を聞いている方たちが聞こえづらくなってしまいますので、出来る限りゆっくりと落ち着いて挨拶をされるようになさってください。

 

場合によっては、挨拶の内容が短くなりすぎて時間が持たないということもあるかと思いますが、そのような場合は、今後の抱負や決意などを言葉に付け加えてみると良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

実際に挨拶をしようと思うと、「どんなことを言えば良いのか?」と本当に悩むところだと思います。

 

ですが、上から目線や自慢話のような挨拶にならないよう気を付けて、これまでの感謝の気持ちを伝えられるようにされれば、よほど酷い印象には取られないと思いますので、あなた自身の言葉で、あなたらしく感謝の気持ちをお伝えになられてくださいね。

-仕事
-,