色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

旅行や行楽

バーベキューにあると便利なグッズとは?着火や後片付けのコツも紹介

バーベキューをしようと思った時、「どんなものを用意すればよいのか分からない…。」と悩んでしまうことってあるかと思います。

バーベキューをやり慣れている場合ならまだしも、初めてだったりやり慣れていない場合は、ある程度のものは想像することができても、バーベキューに必要なものは何かとなった時になかなか思い浮かべることが難しかったりしますよね。

ここでは、バーベキューをする際にあると便利なグッズや、着火の際に上手く行う方法や後片付けを上手に行うコツなどもご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

バーベキューにあると便利なグッズとはどんなもの?

バーベキューをする際にあると便利なグッズを以下にご紹介していきます。

 

火を起こす際にあると便利なグッズ

・カセットガストーチバーナー

・着火剤

・着火用の炭

・火消し壷

・炭バサミ

・うちわやエアーブロー

・軍手、または革手袋

 

カセットガストーチバーナーや着火剤

着火の際にこれらがあると火を付けやすくなります。

 

着火用の炭

着火用の炭は安い物を使う場合、ものによっては火が付きにくかったり、煙がすごく出やすくかったり、すぐに燃え尽きて使えなくなってしまう物があったりします。

 

その結果、炭を大量に使うハメになってしまったり、火力が弱かったり、安定しないために調理が快適にできなかったりする場合がありますので、安物の炭だけを用意するというのは避けたほうが良いです。

 

そうなると、『他の炭では何を用意すると良いのか?』となるかと思いますが、バーベキューの際に使用する炭としましては「岩手産ナラ切炭」をおすすめします。

 

炭の種類を考えた時に「備長炭」を思い浮かべる方もいるかと思いますが、長時間火が付くため火持ちは良いのですが、火が付きにくいという特徴があるため、着火用の炭としてはおすすめできません。

 

その点、「岩手産ナラ切炭」でしたら、火付きが良いですし、火力もあるため(強すぎず程よい)調理がしやすいですし、備長炭ほどではないですが、火持ちも良かったりしますので、炭を選ぶ際に『何を選んだら良いのか分からない…。』と迷われた場合は「岩手産ナラ切炭」を選ばれると良いでしょう。

 

火消し壷

後片付けの際に燃えている炭を消すための方法としてあると便利です。

 

炭バサミ

炭を移動させたり、ひっくり返したりする際に使用します。

 

うちわやエアーブロー

炭に風を送る際にあると便利です。

 

軍手、または革手袋

素手だと、火を扱う際に火傷をしてしまったり、火の熱さを感じたりするため作業に支障が出ることもありますし、炭を扱う際に手が汚れてしまったり、準備中や作業中、後片付けの際に怪我をしやすいこともあるため、軍手や革手袋などがあると便利です。

 

調理の際にあると便利なグッズ

・鉄板や網

・トング(出来れば長めのもの)

・鍋

・水や油、調味料や調理器具など

・アルミホイル

 

鉄板や網

焼きそばなどを作る場合は鉄板を用意されたほうが良いですが、鉄板を使用する場合は、鉄板の他に網を用意されて、鉄板と網の部分を作るようにされると、鉄板で焼きあがった食材を置くことで焼き過ぎを防ぐことができます。

 

もし、鉄板と網の部分を作ることができない場合は、別に「足つきの網」を用意されると良いでしょう。

 

ただし、鉄板ではなく、はじめから網焼きをされる場合は足つきの網は必要ありません。

 

トング(出来れば長めのもの)

火の上で食材を扱うため、火の熱を感じやすくなりますので、長めのトングを用意されると便利です。

 

また、そこに加えて「革手袋」があるとより作業がしやすくなります。

 

お湯を沸かしたり、汁物を作る時にあると便利です。

 

水や油、調味料や調理器具など

調理を行う際に必要となりますし、もし、缶詰めがある場合は、缶切りも必要となります。

 

アルミホイル

炭を置く前に、コンロにアルミホイルを敷くことで片付けが楽になりますし、包み焼き料理にも使うことができます。

 

また、油ものを調理される際の油取り(油きり)用としてキッチンペーパーもあると便利です。

 

食事の際にあると便利なグッズ

・紙皿

・サランラップ

・ご飯用と汁物用の丼

・紙コップ

・割り箸

・ウェットティッシュ

 

紙皿

出来れば、食べ物を乗せるためのものとして「平らなタイプ」のものと、焼肉のタレなどを入れるためのものとして「深さのあるタイプ」のものの2種類を用意されると良いでしょう。

 

また、紙皿は風で飛ばされやすいので、一枚ではなく、2~3枚ほど重ねた状態で使われると良いでしょう。

 

サランラップ

サランラップを紙皿に巻いてから使うようにすると、紙皿の汚れを防ぐことができます。

 

紙製のご飯用と汁物用の丼(耐熱タイプ)

これらを用意することで、ご飯や汁物などの熱いものを食べる時に便利です。

 

紙コップ

飲み物を飲む時に使用しますが、熱い飲み物を入れるとブヨブヨになりますので、熱い飲み物を入れる場合は「2枚重ね」にされると良いでしょう。

 

割り箸

あまり安いものを使われると、熱によって曲がりやすかったりしますのでご注意ください。

箸の素材ですが、竹素材のものをおすすめします。

 

ウェットティッシュ

食事前の手拭きだったり、手が汚れたりした際にあると便利です。

 

後片付けの際にあると便利なもの

・厚手のビニール袋(ゴミ袋)、新聞紙

・クーラーボックスや保冷剤

・BBQブラシ(後片付け用)

・食器用洗剤や食器スポンジ

 

厚手のビニール袋(ゴミ袋)、新聞紙

ゴミを持ち帰る際に必要となります。

 

新聞紙はゴミを入れる前に数枚先に入れておくことで、ゴミ袋の強化をすることができますので、ゴミ袋が途中で破れてしまうというのを防ぐことができます。

 

また、新聞紙は着火の際にも利用できるため、2日分くらいの多めの量を持っていくと良いです。

 

クーラーボックスや保冷剤

食材や調理した食べ物などが余った時の持ち帰りの際にあると便利です。

 

BBQブラシ(後片付け用)

スチールブラシや亀の子たわしで擦ったりするよりも使いやすいのでおすすめです。

 

食器用洗剤や食器スポンジ

こちらは調理器具や食器類などの洗いが必要な時にあると便利です。

 

その他では、万が一、火傷や怪我をした場合などに備えて救急箱もあると良いですし、虫よけ関連のものも持っていかれると良いでしょう。

 

バーベキューの着火で上手く行う方法とは?

着火する際には、いきなり炭を入れると火を起こしづらいので、細い薪や割り箸な新聞紙などで先にある程度火を起こしておいてから、着火剤をあらかじめ付けておいた炭を入れていくようにされると炭に火が付きやすくなります。

 

もし、周辺に流木や枯れ枝などがある場合は、それらを活用されても良いかと思いますが、もし、枯れ枝などが無かったとしても、勝手に周辺の木の枝を折ったりするようなことだけは絶対にしないようになさってください。

 

また、炭を入れる時は一気に大量に入れるのではなく、少しずつ足していくような感覚で入れていくようになさってください。

 

着火する際の注意点

着火剤を使用するとたしかに火を起こしやすくなりますが、だからと言って着火剤を上から足したりするようなことは絶対にしないでください。

 

引火などの思わぬ事故に繋がる恐れがあります。

 

そのため、着火剤を使用する場合は、着火剤を上から足すのではなく、新しく入れる炭にあらかじめ付けてから入れるようになさってください。

※ただし、大量に塗り付けるのは避けてください。

 

また、炭は火の中に入れるとパチパチとはねたりしますので、軍手や革手袋を使用したり、長袖を着るようにするなど、火傷には十分にご注意なさってください。

 

長袖は袖の部分が汚れやすかったりしますので、長袖を着られる場合は、高い服やお気に入りの服ではないものを着るようになさってください。

 

もし、お子さんを連れて行かれる場合は、絶対に目を離さないようになさってください。

 

炭を入れる際の炭の置き方

炭を入れる際ですが、炭をまんべんなく全体に置いてしまうと、食材が焼けた時に避難させる場所がなくなってしまい、その結果、焼けすぎの原因となってしまいますので、食材を避難させる場所を確保するためにも、コンロ下の左右どちらかの片隅には炭を置かない(入れない)ようになさってください。

 

食材を焼き始めるタイミング

炭に火が付き、しばらくすると赤々を燃えるような状態になってきます。

 

一見すると、このような状態になったら食材を焼き始めても良さそうに思う方もいらっしゃるかと思いますが、この状態で焼き始めると食材が焦げやすくなってしまいますので、まだこの段階では食材を焼き始めるのは控えてください。

 

食材を焼き始めるタイミングは、上記の状態からしばらくすると、炭全体が白くなってきますので、このような状態になりましたら、コンロ上部から「15cm」ほどの所に手をかざしてみて、3秒間ほど我慢できるほどの熱さになった頃が焼き始めるベストタイミングとなります。

 

そのため、出来れば、そのタイミングまで待たれると良いでしょう。

バーベキューの片付けを上手くやるコツとは?

バーベキューの後片付けはなかなか大変だったりしますが、事前に便利グッズを用意しておいたり、一手間をかけておくことで後片付けを簡単に上手く行うことができます。

 

炭の火を消す時

炭の火を消す際ですが、火消し壷をあらかじめご用意されておくことをおすすめします。

 

火消し壷に炭を入れることで火を消すことが出来ることはもちろんのこと、一度使用された炭は火が付きやすいですので、次回の時の種火用の炭としてそのまま保管しておくこともできます。

 

火消し壺がない場合は、そのまま炭が消えるのを待つことになりますが、早く火を消したいからといって、そこに水をかけるようなことだけは絶対にしないでください。

 

水をかけると湯気が立ち上がり、周辺に灰が舞ってしまうことで周りの人たちに迷惑をかけてしまうことになります。

 

さらにそれだけでなく、水をかけられた炭が使えなくなったり(再利用できなくなったり)、コンロが変形したりするなどの事故に繋がる恐れがありますので、絶対に水をかけることはしないでください。

 

また、コンロの炭を置く場所にあらかじめアルミホイルを敷いておくことで、その部分が真っ黒になるのを防ぐことができますし、そのままアルミホイルで炭を巻いて持ち運びができますので便利です。

 

網を片付ける時

網を使用した場合、焦げを取ったりくっついた食材を取ったりするのが大変ですが、炭を片付ける前に、網をアルミホイルで覆うか、2枚ほど重ねて網の上に置いて、残っている炭の予熱で15分ほど置いておくと、網に付いているものが炭化状態となっていて、取り除きやすくなります。

 

また、バーベキューで網を使う前に、油をよく塗って、さらに網をよく熱した後に使うようにすると、食材が付きにくくなりますので、後片付けも楽になります。

 

バーベキューを行っている時に関連すること

後片付けの負担を少しでも少なくするためにも、食器類は紙製の使い捨てタイプのものを使うようになさると良いでしょう。

 

また、紙皿を使う際に、あらかじめサランラップを巻いてから使うようにされると、焼肉のタレなどによる汚れで、何回も紙皿を使うことになる結果、大量の紙皿を用意しなければならないということもなくなります。

 

また、箸なども割り箸などの使い捨てるタイプのものを持っていくと良いでしょう。

 

まとめ

着火の際や、バーベキューをする際、後片付けの際などにあると便利なグッズをご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

様々なものを用意したりすることは大変かと思いますが、ご用意される際に、今回ご紹介させていただいたものがご参考になれば嬉しく思います。

また、バーベキューは後片付けが大変だったりしますが、ちょっとした一手間を事前に行っておくことで後片付けが楽になったりしますので、よろしければ、ぜひ、一度お試しになさってみてくださいね。

-旅行や行楽
-,