色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

健康

寝汗がひどい原因とは何なの?おすすめの対策方法やグッズも紹介!

目が覚めた時に、枕や布団がビックリするくらい濡れるほどの寝汗をかいていたの見た時、「どうしてこんなに寝汗がひどいの?」と心配になられる方もいらっしゃるかと思います。

大量の寝汗をかいたとなれば、「もしかしたら何かあるのかも?」と不安になることもありますよね。

ここでは、寝汗がひどい原因はどこあるのか、寝汗対策はどうすると良いのか、おすすめの寝汗対策グッズなどもご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

寝汗がひどい原因とは何なの?

通常時でも、人は「コップ1杯~2杯近く」の寝汗をかいているのですが、寝汗は本来、睡眠中の体温調整を行い快適な睡眠を得るために必要なことですので、上記程度の寝汗の量でしたらあまり心配はありません。

 

ただし、「コップ1杯~2杯近く」以上のひどい寝汗をかく場合には何かしらの原因が考えられますので、その原因として考えられるものを以下に挙げていきます。

 

ストレスによるもの

普段の生活を送る中でストレスを多く溜めすぎると、自律神経が乱れてしまうことにより、本来行われるはずの睡眠中の体温調整が上手く行われなくなってしまうことで、ひどい寝汗をかく原因となってしまう場合があります。

 

ホルモンバランスの乱れによるもの

年齢を重ねるにつれてホルモンバランスが崩れてしまうことにより、様々な症状が引き起こされる「更年期障害」が関係している場合もあります。

 

更年期障害の症状の一つに「ホットフラッシュ」という、体が暑かったり、汗をかく環境下(状況下)ではないにも関わらず、突然汗を多くかいてしまう症状がありますので、この症状によるものの場合もあります。

 

女性特有の症状によるもの

女性の場合には、生理前になると女性ホルモンのバランスが不安定になり、寝汗をかきやすくなるという事があります。

 

生理に関係する症状の場合は、生理が始まりホルモンバランスが安定してくるにつれて症状も収まっていきます。

 

アルコールの飲み過ぎによるもの

体内に摂取されたアルコールを肝臓で分解される過程で、有害物質である「アセトアルデヒド」が発生するのですが、そのアセトアルデヒドが発生する際に水と炭酸が多く発生します。

 

その時に多く発生した水分と、発生したアセトアルデヒド自体を体外へ放出するために寝汗をかいたりするのですが、アルコール摂取量が増えれば増えるほど寝汗の量も多くなる傾向にあります。

 

病気の可能性によるもの

上記でご紹介しました原因のどれも当てはまらない場合は、その寝汗は病気の可能性によるサインとなっている場合がありますので、原因が分からないにも関わらず、ひどい寝汗がずっと続くような場合は、出来る限り早く病院へ受診されることをおすすめします。

 

ひどい寝汗から考えられる病気としましては、

・結核

・パセドウ病

・白血病

・自律神経失調症

・肝機能障害

などが考えられます。

 

これらの病気の可能性がある場合、病気によってはそのまま放置しておくと命にかかわることもありますので、少しでもおかしいと思いましたら、「まぁいいか。」とか「そのうち落ち着くだろう。」とは思わず、出来る限り早めに病院へ受診なさってください。

 

寝汗対策はどのような方法を取ると良いの?

睡眠環境を改善することで寝汗の量を抑えたりすることができますので、寝室や睡眠時の環境を見直してみることも大切だったりします。

 

除湿機を活用する

湿気というのは寝汗と関わりが強く、湿度が高いと、その分、寝汗をかきやすくなります。

 

そのため、エアコンに加えて除湿機も活用なさり、快適な睡眠環境を作るようになさってみてください。

 

また、空気がこもっている環境というのもよくありませんので、寝室の空気を入れ替えたり、扇風機やサーキュレーターなどで空気を循環させることも忘れないで下さい。

 

吸湿性や速乾性に優れた素材のものを活用する

吸湿性や速乾性に優れた素材のパジャマやシーツや枕などを活用することで快適な睡眠を得られやすくなります。

 

上記の他にも、普段の生活を送る中で「生活リズムを整える」ことや「出来る限りストレスを溜め込まないようにする」ことも大切となってきますので、毎日のことですので難しいこともあるかと思いますが、これらを意識されながら毎日を過ごされるようになさってみてください。

寝汗対策グッズでおすすめなのはどんなもの?

寝汗対策グッズでおすすめなものをご紹介していきますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

吸湿性や速乾性に優れた素材などのパジャマを着る

「綿」や「シルク」などの素材のパジャマは吸湿性に優れていますので、寝汗をしっかりと吸い取ってくれることで快適な睡眠を得られやすくなります。

 

また、中には吸湿性に加えて『速乾性』の機能を持つ素材が使われたパジャマなどもありますので、それらを活用なさるとより快適となります。

 

シーツや布団カバーなども吸湿性に優れたものを選ばれると良いでしょう。

 

除湿シートやひんやり敷きパッドなどを活用する

シーツの下に除湿シートを活用されることで吸湿性を高めることができますし、ひんやり敷きパッドなどは暑くて寝苦しい時期の心強い味方となってくれます。

 

そのため、これらを活用されてみるのも良い方法となりますので、一度お試しになられてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

寝汗は快適な睡眠を取るために必要なものですので、適度な量でしたら寝汗をかくこと自体に特に問題があるわけではありません。

 

ただし、大量の寝汗をかいている場合は、何かしらの原因が関係している可能性が高いですので、気になる場合は出来る限り早めに病院へ受診するようになさってくださいね。

-健康
-,