色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

健康

高齢者が脱水症状になりやすい原因とは?その症状や対策も紹介!

体内にある水分量が減少すると脱水症を引き起こし、人の体の様々な機能が正常に機能しなくなり、場合によっては命に関わるほどになる恐れがあります。

そのような脱水症状に高齢者の方はなりやすいと言われていますが、「なぜ、高齢者は脱水症状になりやすいのか?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかと思います。

ここでは、高齢者の方が脱水症状になりやすい原因とはどこにあるのか、脱水症状が起きた時の症状やその対策はどうすると良いのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてください。

高齢者が脱水症状になりやすい原因とは?

高齢者の方が脱水症状になりやすい原因には以下のようなことが挙げられます。

 

高齢者が脱水症状になりやすい原因

・高齢者の体内水分量がもともと少ない傾向にある

・喉の渇きを感じにくい

・全体的な食事量が不足しがち

・筋肉量が低下している

・肝臓の機能が低下している

・持病に関連する治療薬の作用により体内の水分を失いやすい

・トイレの回数を減らすため、意図的に水分の摂取を控えている

などが挙げられます。

 

高齢者の体内水分量がもともと少ない傾向にある

一般的な成人の体内にある水分量は「体重の60%」あるのですが、年齢を重ねるにつれてその水分量も徐々に減ってきてしまうため、高齢者の体内水分量は「体重の50%」と、普段から体内水分量が少ない傾向にあるため脱水症状になりやすくなってしまいます。

 

喉の渇きを感じにくい

脳には「視床下部」という、喉の渇きを感じる機能があるのですが、年齢を重ねるにつれてその機能が低下してしまうことで、喉の渇きを感じにくくなってしまう傾向にあります。

 

そのため、本来、水分を摂取しないといけない状態にあるにも関わらず、水分の摂取が遅れがちになるため脱水症状になるリスクを高めてしまうことになります。

 

全体的な食事量が不足しがち

人は水分を飲み物からだけでなく、食べ物からも摂取しているのですが、年齢を重ねるにつれて食事量が減ってきてしまったり、食べ物を飲み込む時の「嚥下機能」が低下するにつれて食べ物を飲み込みにくくなってしまうことなどで、さらに食事量が減ってきてしまうことになったりするなど、食べ物からの水分摂取量がどうしても少なくなってしまう傾向にあります。

 

筋肉量が低下している

筋肉は体の様々な場所でも水分量を多く含む場所でもあるのですが、その筋肉量が年齢を重ねるにつれて低下してくるため、筋肉量の低下が体内水分量の低下に繋がってしまうことから、高齢者は脱水症状になるリスクが高くなりやすくなってしまいます。

 

腎臓の機能が低下している

腎臓は体に必要な水分や電解質を吸収する役割がありますが、年齢を重ねたり、動脈硬化などの症状により、腎臓の機能が低下してしまうため、水分や電解質が失われやすくなり、それにより脱水症状のリスクが高まりやすくなってしまいます。

 

持病に関連する治療薬の作用により体内の水分を失いやすい

年齢を重ねるにつれて「高血圧」や「心不全」などにかかっている方が多くなる傾向にありますが、高血圧や心不全の治療に使われる治療薬の作用には『利尿作用』をもたらすものもあるため、治療薬の使用をすることで尿の量が増え、それが結果的に体内水分量を失いやすくなってしまいます。

 

トイレの回数を減らすため、水分の摂取を控えている

年齢を重ねるにつれてトイレに行く回数が増えやすい傾向がありますが、高齢者の方は頻繁にトイレに行くことを嫌がることにより、意識的に水分の摂取を控えたりしてしまうことがありますが、これが結果的に脱水症状のリスクを高めてしまうことになってしまいます。

 

上記でご説明しましたように、高齢者の方は脱水症状になりやすい様々な要因を抱えやすい傾向にあるといえますので、日頃から十分な注意が必要となるのです。

 

高齢者の脱水症状の症状とは?

高齢者の脱水症状は気づかれにくく、症状を悪化せてしまいやすいですので、出来る限り早い段階で発見し水分補給を行うことが必要となります。

 

脱水症状の症状には、

・口の中や唇が乾燥している

・咳をする際に「痰(たん)」が絡んた咳をしている

・食欲がない

・元気がなさそうに見える、または、ぐったりしていて反応が鈍い

・立ちくらみを起こしている

・脈が速い(頻脈)

・手足や足先が冷たい

・暑い環境下(汗をかきやすい環境下)にいるのに汗をかいていない

・脇の下の皮膚が乾燥している

・手の甲をつまむように持ち上げて離した時に、すぐに戻らずシワができた状態のままである

などが挙げられます。

 

上記のような症状の中には風邪と誤解されやすいものもあるため見逃されがちですが、脱水症状が起きやすい時期などは特に、「もしかしたら脱水症状かもしれない。」という意識を持って対処するようになさることが大切です。

 

症状が進行してくると、「意識障害(せん妄)」や「うわ言(同じことを何度も言う)」といった症状も出る場合がありますが、こちらも認知症と誤解されやすかったりしますので注意が必要となります。

高齢者の脱水症状の対策はどうすると良いの?

高齢者の脱水症状の対策ですが、なにより「こまめに水分補給をする」ことが大切となってきます。

 

とはいえ、強制的に水分補給をさせられるのを嫌がる方もいらっしゃいますし、水分補給そのものをあまりしたがらない方もいらっしゃったりしますので、そのような場合は、「ティータイム」としてお話しをしながら飲める環境を作るなど、水分補給を自然とできるような環境づくりも大切となってきます。

 

また、これは高齢者の方に限らずどんな方にも言えることですが、人それぞれには好みというのがあります。

 

そのため、例として、本当はスポーツドリンクなどを飲んだ方が良い状況があったとしても、それを飲まなければ結果的には意味がありませんので、その方の好きな飲み物を渡すようにするなど、その方の立場に立った考え方をすることも大切です。

 

飲み物を飲むことが大変そうな方の場合は「ゼリー」や「果物」などの別のもので水分補給をするようになさるのも良いでしょう。

 

水分補給をすることも大切ですが、普段の生活の中でも対策が必要となります。

 

室内にいる時の場合ですが、

・エアコンの使用を我慢しない

・エアコンを使用する場合は、室内の乾燥を防ぐため「濡れタオル」などをかける

・扇風機などを活用し、室内の空気を入れ替えたり循環させたりする

・室内の温度計や湿度計を確認し、高温多湿な場所を避けるようにする

・体内に熱がこもりやすい服装は控える

・栄養のバランスや食事量を考えた食事をとるようにする

ようになさってください。

 

また、外出時の場合でも、エアコンが効いた室内と外との温度差による体温調整の工夫を行うことが大切だったりします。

 

そのため、上記の室内での対策にもありましたが、「体内に熱がこもりやすい服装は控える」ようになさったり、その時の環境に合わせて「首にスカーフなどを巻いたり外したりする」などをされて、体温調整の工夫をされるようになさってください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

高齢者の方は脱水症状になりやすい傾向にありながらも、その症状に気づかれにくい傾向にあったりしますので、日頃から常に注意をしておき、それらしい兆候が見られた場合は、「脱水症状かもしれない。」という意識を持ちながら対応をするようになさってください。

-健康
-,