色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

夏の行事

隅田川花火大会の混雑具合はどうなの?穴場スポットや最寄り駅も紹介

隅田川花火大会を見に行こうと思った時、当日の周辺の混雑状況はどうなのか気になる方もいらしゃるかと思います。

混雑状況によっては移動の仕方や移動する際の時間帯なども考えないといけないですので気になるところですよね。

ここでは、隅田川花火大会当日の混雑具合はどうなのか、穴場スポットやその場所の最寄駅などをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

隅田川花火大会の混雑具合はどうなの?

隅田川花火大会は毎年体への多くの方が訪れる花火大会で、その来場者数は「100万人」近くに及びます。

 

そのため、花火大会当日の周辺の駅や道路などは大変混雑し、移動することもままならない状態となります。

 

道路に関しましては、会場付近の道路は広範囲で車は通行止めになりますので、会場周辺まで車で向かうということは避けるようにしてください。

 

移動に関しましては、行きは花火の打ち上げ開始時間が近づくにつれて人が増えてきますので、時間帯によってはそれほど移動を苦に感じることはないこともありますが、帰りは会場に来ていた人たちが一斉に帰ることになりますので、特に大変な混雑状況となります。

 

そのため、花火大会終了後から『1時間~2時間』ほどは最寄り駅に着くまでにかかることを覚悟なさっておくくらいの心づもりでおられたほうが良いでしょう。

 

「ちょっと見に行ってみようか。」といった軽い気持ちで行けるような場所ではありませんので、行く場合はそれなりの心構えをされて来られるようになさってください。

 

隅田川花火大会の穴場スポットはどこなの?

隅田川花火大会は、「第一会場」と「第二会場」がありまして、隅田川花火大会を見に行く際の会場として多くの方が選ぶのが『第一会場』となります。

 

第一会場は「桜橋(さくらばし)~言問橋(ことといばし)」の間の場所となるのですが、多くの方が訪れるということは、その分、移動も大変となりますし、場所取りも激しくなります。

 

そのようなことから『第二会場』に行かれることをおすすめします

 

第二会場は「駒形橋(こまがたばし)~厩橋(うまやばし)」の間の場所となります。

 

隅田川花火大会は大変多くの方が訪れる花火大会ですので混雑はするのはしますが、第一会場と比べれば多少は人が少なくなります。

 

第二会場周辺にはコンビニなども比較的多くありますので、買い物やトイレなどに利用することもできて便利ですし、店員さんに聞くことで、こっそりとおすすめの場所を教えてくれる可能性もあります。

 

また、『18時』くらいから周辺の道路は交通規制が入りまして、「江戸通り」や「春日通り」などが歩行者天国になるため、周辺の場所と比べると場所取りもしやすくなります。

 

ただ、場所によってはビルの陰となってしまうことで花火が見られなかったり、見にくかったりする場所もありますので、その際は移動ができれば花火を見ることが出来るようになりますが、できない場合はそのままの状態で過ごすことになってしまいますので、場所取りの際はご注意するようになさってください。

 

こちらでは「第二会場」をおすすめしましたが、花火大会のお祭りムードを楽しめるのは第一会場周辺のほうが楽しみやすいですので、それらも含めて楽しみたいというのでしたら、大混雑は必至ですが、それを覚悟する上でということでしたら第一会場が良いでしょう。

 

そこまでは求めていなくて、花火を少しでも気軽に見て楽しみたいという方は「第二会場」をおすすめします。

 

ご参考までに、第二会場周辺でのおすすめスポットをご紹介します。

 

江戸通り

上記でも少し触れましたが、場所取りが交通規制(18時頃)がされた後からとなるため、ずっと前から場所を確保しておかないといけないことはなく、一斉に場所取りとなりますので、他の場所と比べると場所取りがしやすいです。

 

とはいえ、狙っている場所取りを成功させるためにその周辺に待機している方もいますので、可能であれば、交通規制される前の「14時~15時頃」辺りから様子を見るようになさっておくと良いでしょう。

 

第二会場周辺の江戸通り沿いには長い歴史を持つ老舗の「駒形どぜう 本店」さんをはじめ、古風な雰囲気で落ち着きのあるお店など、飮食ができるお店がいくつかありますので、食事や休憩もしやすい場所でもあります。

 

春日通り

江戸通り同様、18時頃に交通規制が入り歩行者天国になる通りとなります。


隅田川花火大会の穴場の最寄りの駅はどこになるの?

隅田川花火大会の穴場として今回ご紹介しました「第二会場」および、「江戸通り」、「春日通り」の最寄り駅をご紹介します。

 

上記3つの最寄り駅は『都営大江戸線 蔵前駅』及び、『都営浅草線 蔵前駅』となりますが、こちらの駅を利用される方が多いため、行きは時間帯によってはそれ程でもなかったりしますが、帰りは特に混雑は必至となります。

 

ただ、混雑はしますが、第一会場ほどの混雑具合ではないですので、第一会場よりは駅までの移動時間や待ち時間はかからないかと思いますが、スムーズとまではいかないでしょう。

 

そのため、これらの駅の一つ、または、二つ先にある、

・『都営大江戸線』方向に向かわれる場合…「新御徒町駅」か、その先の「御徒町駅

・『都営浅草線』方向に向かわれる場合…「浅草橋駅

をおすすめしますので、以下に地図を掲載しておきます。

 

新御徒町駅

 

浅草橋駅

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「100万人」近くの方が訪れる花火大会ということもあり、どの場所でも大変混雑はしますので、出来る限り早めの行動を心がけるようにされることをおすすめします。

また、暑い時期の中での移動となるだけでなく、さらに人が多い中での移動となりますので、体調の面も気を付けられるようになさってくださいね。

-夏の行事
-,