色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

子育て

赤ちゃんの紫外線対策はいつから始めると良い?服装はどう?グッズは?

紫外線が気になる季節になり、赤ちゃんと一緒に外出することを考えた時、「赤ちゃんの紫外線対策っていつから始めたほうが良いのか?」、「どういう対策をしたら良いのか?」などが気になる方もいらっしゃるかと思います。

紫外線による肌への影響や、日焼け止めなどを使った時の肌トラブルなども心配ですので気になるところですよね。

ここでは、赤ちゃんの紫外線対策はいつから始めると良いのか、服装はどのようなものを着せてあげると良いのか、あると嬉しい便利グッズなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

赤ちゃんの紫外線対策はいつから始めると良い?

基本的には新生児から始めると良いですが、この時期の赤ちゃんは、肌に日焼け止めクリームなどを使うことにより肌トラブルを起こしてしまいやすかったりしますので、「外出時間が20分以上」となるなど、やむを得ない場合を除き、基本的にはこの時期から日焼け止めクリームなどはなるべくなら使わない方が良いです。

 

その場合の紫外線対策としましては、直射日光を避けるためにも、帽子を被せたり日傘をさすなどの対策を取るようにされたほうが良いでしょう。

 

日焼け止めクリームなどを使うとしても、「3ヶ月目以降(できれば6ヶ月目以降)」から使うようにすると良いですが、赤ちゃんによっては日焼け止めクリームなどを塗ることで肌トラブルを起こす場合もあるため、肌トラブルが気になる場合は、出来る限り使わないようになさってください。

 

ただし、1日の中で紫外線量が多い時間帯と言われる「10時~15時」に外出される場合や、外出される時間が「20分以上」を超えるなど、やむを得ない場合の時には日焼け止めクリームなどを使うようにされたほうが良いです。

 

特に「10時~15時」の時間帯で外出時間が「20分以上」となる場合は、日焼け止めによる肌トラブルよりも、紫外線による肌への影響の強さを考えると、新生児でも使われるようにされたほうが良いです。

 

日焼け止めクリームなどを使われる場合は、

・「ベビー用」のもの

・「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」タイプのもの

・合成界面活性剤などの「余分なものが出来る限り使われていない」もの

・「石鹸で落とすことができる」もの

などを選ばれるようになさってください。

 

また、普段のお散歩やちょっとしたお出かけ程度の場合は、日焼け止めは出来る限り肌への負担が少ないものを選ぶようにして、表示の目安は「SPF10~20/PA++」程度のものを選ばれるようになさると良いでしょう。

 

赤ちゃんの紫外線対策の服装は何を着せると良いの?

赤ちゃんの紫外線対策としての服装ですが、出来る限り直射日光を避けるために、「つばの広い帽子」を被せてあげたり、「UVカット加工された素材の長袖」などを着せてあげるようになさってください。

 

ただ、赤ちゃんは体温が高めのため、暑さには十分に気を付けていただくことが大切ですが、場合によっては半袖を着せてあげる場合もあるかと思います。

 

その場合は、日焼け止めを塗るようにして紫外線対策をなさってあげてください。

 

また、「UVカット加工されたポンチョ」などを一枚持ってお出かけになると、暑い外やエアコンなどの効いた屋内(コンビニやスーパーなどの店内も含む)などの様々な場所での体温調整がしやすくなります。

 

さらに、服装ではありませんが、外出時の際には直射日光を防ぐためにも「日傘」も持っていかれることをおすすめします。

赤ちゃんの紫外線対策グッズでおすすめなのは?

赤ちゃんの紫外線対策グッズでおすすめなものをご紹介していきますね。

 

あると嬉しい紫外線対策グッズは?

・UVカット加工された帽子やツバの広い帽子

・UVカット加工されたポンチョ

・レッグウォーマー

・ハイシートタイプのベビーカー

・ベビーカーシェード

・ガーゼケット

・ひざ掛け

・ベビーカー照り返し防止シート

などがおすすめです。

 

■UVカット加工された帽子やツバの広い帽子

頭や顔の直射日光を防ぐためにも帽子を被せることは効果的な紫外線対策となります。

 

■UVカット加工されたポンチョ

上記でも少し触れましたが、外は暑かったりしているのに、コンビニやスーパーなどの店内ではエアコンが効いていたりと、屋外や屋内とでの場所によって暑さに違いがあったりしますので、そのような時にポンチョを一枚持っておくと体温調整がしやすくなります。

 

■レッグウォーマー

肌の露出を避けるためにも、レッグウォーマーを着用させてあげると紫外線対策効果も高まりやすくなります。

 

レッグウォーマーには夏用として、UVカット加工された薄手のタイプのものもあったりします。

 

■ハイシートタイプのベビーカー

直射日光を防ぐことも大切ですが、道路などからの照り返しも防ぐことが大切だったりしますので、ハイシートタイプのベビーカーを選ばれることで、照り返し対策となります。

 

■ベビーカーシェード

日差しをカットしてあげるためにもあると便利なグッズでして、ベビーカーにワンタッチで付けることができるタイプのものをあったりします。

 

■ガーゼケット

こちらをかけてあげることで、冷房が効いている屋内にいる場合の「体が冷えすぎない」ための対策を行うことができます。

 

■ひざ掛け

赤ちゃんが大きくなってくると、シェードから足が出てしまうようになったりしますが、そのような場合の直射日光を防ぐためや、冷房の冷え対策用にあると便利なグッズです。

 

■ベビーカー照り返し防止シート

道路からの照り返しを防いでくれるだけでなく、道路からの熱を受けるのも防いでくれますので、熱中症対策としてもあると便利なシートです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

赤ちゃんの紫外線対策は新生児の頃から始められたほうが良いですが、日焼け止めの使用に関しましては、「使う時期」、「使う時間帯や外出時間」、「日焼け止めのタイプをしっかりと確認する」など、十分にご注意されるようになさってあげてください。

とはいえ、全く紫外線に当たらせないというのもよくありませんので、バランスを考えながら紫外線対策をなさってあげてくださいね。

-子育て
-,