色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

冬の行事

おせち料理のレシピで簡単にできるのは?栗きんとんやなますの作り方は?

075907

そろそろおせち料理のことを考える時期になり、
今回はどうしようかと悩まれることってあると思います。

簡単に済ませるのなら、全部お店で買ってくれば簡単に用意できるけど、
なんだかそれだと味気ないし、
せめて1~2品くらいは手作りのものを作りたいと
思うことはあるかと思います。

ここでは、おせち料理を用意する際に、
手作りで簡単にできる料理のレシピや、
栗きんとんやなますなどを初めて作る方でも失敗しにくい作り方を
ご紹介していますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

おせち料理のレシピで簡単にできる手作り料理は?

おせち料理を用意しようと思われた際に、
簡単にできる手作り料理のレシピを2品ほどご紹介しますが、
まず1品目は「伊達巻き」をご紹介します。

 

伊達巻きは焼いたり巻いていったりするなど、
作るのに手間と時間がかかるというイメージを
持たれている方も多いのですが、
比較的簡単に作ることができる方法をご紹介しますね。

 

■伊達巻きの簡単な作り方(二人分):

1:オーブン焼き用の紙で「30cm」四方の箱を作る

※箱を作る際の紙の端を折っていく時は外側に向けて折っていくことで、
 流し入れた卵液が紙の隙間に入り込むことを防げます。

2:砂糖「大さじ1」、みりん「大さじ2」、「塩1つまみ」をかき混ぜておく

3:フードプロセッサーにちぎったはんぺんを入れ、
  玉子をそのまま割り入れ、「2」で作ったものも入れて、
  しっかりと混ぜ残しがないように混ぜる

※目安としてはなめらかな感じになればOKです

4:「1」で作った箱をオーブントースターの天板に乗せ、
  「3」で作ったものを箱に流し込み、「10~15分」ほど
  程よい焼色が付くまで焼いていく

5:焼色が付いたら、熱いうちに表面を下にした状態で巻きすに乗せ、
  手前から巻いていき冷ます

※盛り付けの際に安定するので、巻き終わりを「下」にして冷まします

6:完全に冷めたのが確認できたら、巻きすを外してラップに包み、冷蔵庫に入れておく

 

以上が作り方となりますが、
オーブントースターやフードプロセッサーがない場合は、

・オーブントースターの代わりにフライパン

・フードプロセッサーの代わりにすり鉢とすりこ木

を代用にされると良いでしょう。

 

すり鉢とすりこ木を使う時は、

1:先にはんぺんだけを擦る

2:そこに少しずつ卵やみりんなどを加えていく

という方法を取ると、擦り残しがない状態を作りやすくなります。

 

ここまでが簡単な伊達巻きの作り方となりますが、
使用するオーブントースターの機種やフライパンによっては、
焼き加減などの違いが出ることもありますので、
可能であれば、一度前もって試しに作られることをおすすめします。

 

次にご紹介するのは「松前漬け」です。

松前漬けも「手間がかかってなんだか難しそう…。」と
思われる方が多いようですが、
こちらも比較的簡単に作れたりします。

 

■松前漬けの簡単な作り方(10人分):

まず用意するものは…

・スルメ1枚

・昆布(50g)

・人参(1本)

・数の子(200g)

・お酒(200cc)

・醤油(100cc)

となります。

 

次に手順となりますが、

1:数の子は、薄い膜は取り除いておき、
  「2~3時間ほど」水に付けて塩抜きをしておく

2:材料を細かく切っておく

※スルメや昆布はキッチンバサミを利用すると細かく切ることができます

※スルメは切る前に少し炙ると柔らかくなり切りやすくなります。

3:お酒を鍋などに入れ火にかけてアルコールを飛ばしてから冷ます

4:「3」の粗熱がとれたのを確認できたら、そこに醤油を入れて《漬け汁》を作る

5:細かく切っておいた材料をボウルなどに全部入れ、
  ささらに漬け汁を入れて混ぜ合わせる

6:昆布の粘りが出てきたら、
  「琺瑯(ほうろう)」などの容器に入れて冷蔵庫で一晩寝かせる

※「琺瑯(ほうろう)」がない場合は、保存用の容器であればなんでも構いません。

7:一晩寝かせたら、さらに漬け汁を作り、よく混ぜ合わせて一晩寝かせる

8「7」をさらに2回ほど繰り返す

9:その後、1週間ほど寝かせると完成

 

以上となります。

 

松前漬けを作る際のポイントは、

・漬け汁を途中で足していく

・しっかりと混ぜ込むこと

です。

 

特にしっかりと混ぜ込むというのが大切ですので、
松前漬けを作られる際は
その辺りを意識なさりながら作ってみてくださいね。

 

おせち料理のレシピで栗きんとんを簡単に作る方法は?

おせち料理の中でも結構人気となっている、
栗きんとんを簡単に作る方法をご紹介しますね。

 

■栗きんとんの簡単な作り方:

まず用意するもの…

・さつまいも(1本)

・栗の甘露煮(1個/小瓶)

となります。

 

次に手順となりますが、

1:さつまいもを「1cm」ほどの輪切りにし、外の皮を剥いていく

※外の皮を剥く際は、皮の内側に見える黄色い線よりも内側を
 剥いていくようにしましょう。

2:鍋に水をひたひたの状態まで入れ、
  その水の中へ輪切りにしたさつまいもを入れる

3:中火で芋がひび割れるくらいまで煮る

※ここで焦がさないように気をつけてください。

4:茹でて柔らなくなった芋をすりこぎなどで潰し、
  ゴムベラでなめらかな状態になるまで混ぜていく

5:なめらかな状態になったら、裏ごしをしていく

6:裏ごしした芋と、
  栗の甘露煮のシロップだけを先に入れ混ぜ合わせる

7:シロップがなくなってきたら栗を入れて完成

 

以上となります。

 

「4」と「5」は大変ではありますが、
できる限り芋が熱い状態のうちに(特に5)行うようにしてくださいね。

 

おせち料理のレシピでなますを簡単に作る方法は?

おせち料理によく入っている料理の一つでもある「なます」ですが、
ここでは、基本的ななますとなる「紅白なます」の作り方を
ご紹介していきますね。

 

■紅白なますの簡単な作り方:

ます用意するものは…

・大根(500g)

・人参(50~60g)

・柚子の皮(適量)

・お酢(カップ1弱)

・砂糖(カップ2分の1)

・粗塩(小さじ2分の1)

・水(カップ2分の1)

・みりん(3分の1)

となります。

 

次に手順となりますが、

1:お酢、砂糖、粗塩、みりん、水を鍋に入れて混ぜ合わせ、
  ポツポツと泡が出る温度まで加熱する

2:泡が出てきたら火を止め、蓋をしないで冷ます(甘酢の完成)

3:冷ましている間に、大根と人参を千切りにする

4:ボウルに千切りした大根と人参を入れて、
  塩を小さじ1ほど振り混ぜ合わせ、20分ほど置いておく

5:20分ほど置き、大根や人参がしんなりしてきたら、
  ボウルから取り出し水気をしっかりと切る(キツく絞る)

6:ボウルを一度キレイにし、
  水気を切った大根と人参をそのボウルに戻す

7:そこに甘酢の3分の1をかけ、約30分ほどつけ置きする

8:その後、大根と人参をもう一度絞った後に、
  残りの甘酢をかけてつけ置きする

 

以上となります。

 

紅白なますを作る際のポイントですが、

・しっかりと絞ること

ですので、絞る際はその辺りを意識なさってみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

おせち料理を全部作るのはさすがに大変ですが、
「たとえわずかでも、手作り料理を何かしら作りたい!」
という思いをお持ちのあなたのお役に少しでも立つことが
できたら嬉しく思います。

-冬の行事
-,