色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

美容

5月の紫外線が強い理由とは?注意すべき時間帯や対策方法も紹介!

5月の時期は紫外線が強くなるために注意しないといけないと聞きますが、このように聞くと、「どうして5月に紫外線が強くなるの?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかと思います。

肌への影響を考えると、紫外線が強くなるという話はやっぱり気になりますよね。

ここでは、5月の紫外線が強い理由や、5月の時期の紫外線に注意すべき時間帯や、紫外線対策はどのようなことをすると良いのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

5月の紫外線が強い理由とは何なの?

5月の紫外線が強いと言われる理由とは何なのかですが、まず、紫外線には「UVA」と「UVB」の2種類がありまして、「UVA」は肌の奥深くまで入り込み《シミ》や《シワ》、《肌のたるみ》などの原因となるのですが、この「UVA」の照射量が1年間の中で最も多くなるのが【5月】となっています。

 

また、「UVB」は肌の奥までは入り込みませんが、UVAよりも強く、肌のやけどを引き起こしたり、日焼けの原因となる紫外線で、1年間の照射量を見た場合、ピークは「7月~8月」となっていますが、その次に多いのが【5月】となっています。

 

そのため、5月の時期というのは1年の中でも紫外線が強い時期となるため、特に注意が必要な時期となります。

 

また、紫外線の照射量以外にも、この時期の肌の状態を見た場合、冬の時期の乾燥によるダメージの影響や、花粉症(症状がある方の場合)の影響による肌へのダメージにより、肌のハリや弾力を失いやすい状態になっているため、さらに肌ダメージを受けやすい状態となっています。

 

そこに加えて、冬を越した時期の肌というのは、肌の色も白くなりやすく、紫外線への耐性が弱くなっている状態でもあります。

 

そのような状態にもかかわらず、この時期(春)の紫外線対策に対する意識が夏の時期と比べて低い方も多いため、5月に照射量のピークを迎える、シミやシワ、肌のたるみの原因となる「UVA」の影響を強く受けやすくなってしまいますので、紫外線照射量の多さや、肌の状態や紫外線対策に対する意識などの総合的な面から見ても、より注意が必要な時期となるわけです。

 

5月の紫外線に注意すべき時間帯はいつ頃なの?

5月の紫外線に注意すべき時間帯ですが、1日の紫外線の照射量を見た場合、全体のうちの「約6割」を占めている時間帯は「10時~14時」となっていまして、その中でも『12時頃』にピークを迎えます。

 

そのため、「10時~14時」頃の時間帯というのは特に注意するようになさり、この時間帯に外出をされる際は、しっかりと紫外線対策を行ってから外出されるようになさってください。

5月の紫外線対策はどのようにすると良い?

肌のハリケアやシミ対策などを行うことも大切ですが、この時期に行う対策として何よりも大切なのは日焼け止めクリームなどを塗ることです。

 

日焼け止めクリームなどには「SPF50PA++」などの表記がされていますが、『SPF50』の数字は【UVB】に対する防御効果を表し、『PA++』は【UVA】に対する防御効果を表しています。

 

そのため、5月のこの時期は【UVA】への対策を意識して、『PA++』の《+》が多いのものを選ぶようになさると良いでしょう。

 

ちなみに、『SPF50』の数字は大きければ大きいほど防御効果が高くなります。

 

また、紫外線の2種類のうち「UVA」はガラスを透過しやすいという特徴を持っていますので、外出時はもちろんのこと、室内にいる時でもしっかりと日焼け対策を行うようになさってください。

 

他にも、長袖や襟の付いた服を着るようにされると良いですが、その中でも、できれば「UVカット加工」をされた服などを選ぶようになさったり、帽子や日傘を使用されたりなさるとより紫外線対策効果も高まります。

 

さらに、目からも紫外線を取り込んでしまいますので、サングラスやUVカットメガネなども使用されると良いですが、レンズが小さいものや顔にフィットしていないものですと、その隙間から紫外線が入りやすくなってしまいます。

 

そのため、出来る限りある程度のレンズの大きさのあるものや、ご自分の顔にフィットするものを選ぶようになさってください。

 

また、サングラスなどを使用する際、色の濃いものを使用すると、瞳孔がいつも以上に開いてしまい紫外線が入りやすくなってしまいますので、色の濃さよりも、紫外線カット効果の方を重視されるようになさったほうがより高い効果を発揮しやすくなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

肌の老化の原因となる「UVA」の照射量が5月にピークを迎えることや、冬を超えたこの時期の肌の状態や、夏の時期と比べた場合の紫外線対策に対する意識の低さなどにより、特にこの時期は注意しなくてはいけない時期となります。

そのため、「まだ夏じゃないから良いかな。」とは思わないで、夏の時期と同じ意識を持って紫外線対策を行うようになさってくださいね。

-美容
-,