色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

美容

紫外線対策で運転手がすべきこととは?いつから始めるべき?グッズは?

車の運転をしている時に手の甲や腕、顔などをはじめ、肌の日焼けが気になり、紫外線対策を始めようと思った時、「どんなことをしたら良いのか?」と悩む方もいらっしゃるかと思います。

車の運転中の紫外線が気になるといっても、様々な事情で車の運転をやむを得ずしないといけないこともありますので悩むところですよね。

ここでは、車の運転をする際の運転手がしたほうが良い紫外線対策や、紫外線対策はいつ頃から始めると良いのか、あると嬉しい紫外線対策グッズなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

紫外線対策で運転手がしたほうが良いこととは?

車を運転する際に運転手がしておいたほうが良い紫外線対策を以下にご紹介していきます。

 

UVカットフィルムを貼る

車内の紫外線対策に効果的な方法として、車の窓に「UVカットフィルム」を貼るという方法があります。

 

最近の車の中には「UVカットガラス」が使われているものがありますが、古い車の場合ですと、紫外線をカットするガラスが使われていない、または、カット率が今の車と比べて低いという場合もあります。

 

また、UVカットガラスが使われていても、カット率なども車種によって様々な違いがありますので、より紫外線カット率を高めるためにも、UVカットフィルムは効果的です。

 

UVカットフィルムを貼ることで、車内に入ってくる紫外線を抑えることができますが、「道路運送車両法」により、《フロントガラス(運転席正面のガラス)》と《運転席側と助手席側のサイドガラス》のフロント3面の『可視光線透過率(光を通す割合)が70%以下』の場合ですと保安基準に適合しませんので、車検に通らなかったりします

 

よくありがちなことで、「UVカットフィルムの色が透明だから大丈夫だろうと思っていたら車検に通らなかった…。」ということがありますので、たとえフィルムの色が透明であっても、可視光線透過率をしっかりと気を付けるようになさり、UVカットフィルムを貼られる際には、お店の方とよくご相談をされるようになさってください。

 

肌の露出を控える

車内の紫外線対策にUVカットフィルムは効果的ではありますが、100%完全に紫外線をカットしてくれるわけではありません。

 

そのため、より紫外線対策効果を高める場合は「手袋」などを使用したり、「長袖のシャツ」などを着るようにして、肌の露出を控えるようになさると良いでしょう。

 

手袋を使用すると聞くと、「手袋をして運転するのはなんだか恥ずかしいし、人目が気になる…。」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、最近では手袋をして運転をされる方も増えてきていますし、可愛らしい手袋なども増えてきています。

 

手袋を使用して運転するのははじめのうちは慣れないことから、違和感を感じたり、人目が気になるかと思いますが、使用しているうちに徐々に慣れてきます。

 

それでも気になるという場合は、仮に他の方に見られたとしても、車の中ですし、知らない方たちばかりですので、そのくらいのお気持ちで手袋を使用されてみてはいかがでしょうか。

 

サングラスなどを使用する

紫外線は目からも取り入れているため、肌だけに対して紫外線対策をしていればよいということではありません。

 

そのため、サングラスなどをして目に入る紫外線をカットされるようになさることが大切となります。

 

紫外線対策はいつから始めると良い?

紫外線対策はいつ頃から始めると良いのかですが、時期に関係なく、基本的には年間を通じての対策を行ったほうが良いです。

 

と言いますのも、紫外線には「UVA」と「UVB」の2種類がありまして、「UVA」は夏の時期に比べれば照射量は減りますが、減っているといっても、冬の時期でも夏の時期の半分近くは地上に届いていますし、「UVB」も冬の時期でも完全に照射率が「0」になっているわけではありません。

 

そのため、紫外線対策は時期に限らず、年間を通じての対策が必要となるのですが、「1年間ずっと紫外線対策をするのは大変…。」という方は、【3月頃】から紫外線量が多くなってきますので、その時期に合わせて紫外線対策を始められると良いでしょう。

紫外線対策グッズで車の運転中にあると良いのは?

車の運転中の紫外線対策グッズでおすすめなものをご紹介していきます。

 

UVカット手袋

UVカット効果のある手袋を使用されることで、より効果を高めることができます。

 

最近では様々なデザインの手袋がありますし、ショートタイプやロングタイプのものもあったりしますので、長袖の時はショートタイプを使用したり、半袖の時はロングタイプを使用するようにするなど、その時の服装に合わせて使い分けることもできます。

 

アームカバー

車の運転中に日焼けしやすいのは手や腕だったりしますので、アームカバーを使用することでその部分を紫外線から保護することができます。

 

より効果を高めるのでししたら、アームカバーをする前に日焼け止めクリームなどを塗るようにされると良いでしょう。

 

UVカットストール

アームカバーは車の運転中は特に問題はありませんが、車から外に出る時は、その着脱が大変だったりしますので、UVカット効果のあるストールを車を運転する時に一枚持っていくと、車から出た時の紫外線対策として、それを羽織って車から出れば良くなりますので、車から外への移動がスムーズになります。

 

UVカットメガネ

目に対しての紫外線対策としてサングラスを使用するのは効果的ですが、中には「サングラスはちょっと抵抗がある…。」という方もいらっしゃるかと思います。

 

そのような方の場合は、レンズが透明なタイプのUVカットメガネもありますので、そちらをお使いになられてみてはいかがでしょうか。

 

ひざ掛けやタオルなど

ショートパンツやミニスカートなどの露出が多くなるものを履いている時の紫外線対策として、ひざ掛けやタオルなどを使用されると良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

車の中といえども紫外線を浴びてしまいますので、しっかりと紫外線対策をなさることは大切なことです。

紫外線対策も大掛かりなことをしなくても、ちょっとした工夫で行うことができますので、今回ご紹介しました記事をお読みになることで、少しでもあなたのお役に立つことが出来たら嬉しく思います。

-美容
-,