色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

夏の行事

お中元を喪中の方へ送るのは控えるべき?送る時期やマナーの注意点とは?

280779

お中元を送る相手の方が喪中だった場合、「お中元を送っても良いのか、それとも、控えたほうが良いのか?」と迷われる方もいらっしゃるかと思います。

相手の方のことを考えると、失礼に当たることはしたくありませんので悩むところですよね…。

ここでは、お中元を喪中の方へ送るのは控えたほうが良いのかどうか、送る場合の時期はいつごろにすると良いのか、送る際のマナーとして気を付けることなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

お中元を喪中の方へ送るのは控えたほうが良い?

お祝い事に関するものである場合は、喪中の方へ送るのは控えたほうが良いですが、お中元は日頃お世話になっている方への感謝の気持ちとして送るものですので、たとえ相手の方が喪中であっても送ること自体は失礼に当たるということはありません

 

また、相手の方が喪中の場合であるだけでなく、ご自身が喪中の場合であったとしても、お中元をお互いに送り合ったりすることに対しても特に問題はありません。

 

お中元を送る時期は喪中の方へはいつごろが良いの?

お中元を送る相手の方が喪中だった場合、贈る時期はいつごろが良いのかですが、出来る限り「四十九日(忌中)が過ぎるまで」はお中元を送るのは控えた方が良いでしょう。

 

と言いますのも、四十九日の間は色々と忙しい時期でもありますので、その時期に重ならないようにするためと、四十九日以内に何かしらの品物を送る場合はお中元ではなく、「香典」としての意味合いが強くなってしまいます。

 

そのため、お中元を喪中の方へ送られる場合は、四十九日を過ぎた後に送るようになさったほうが良いでしょう。

 

もし、四十九日の時期を避けるようにしたことで、お中元の時期を過ぎてしまった場合は、のしの表書きをお中元ではなく、「暑中御見舞」や「残暑御見舞」に変えて送るようにされれば特に問題はありません。

お中元を喪中の方へ送る時のマナーとしての注意点とは?

お中元を喪中の方へ送る場合のマナーとして気を付けることですが、紅白の水引きやのし(派手なのしも含む)というのは、おめでたい事に当たる「慶事」の意味合いを持っているため、これは使わないようになさってください。

 

お中元を喪中の方へ送られる場合は、

・白無地ののし紙(奉書紙)を使う

・白短冊を使う

ようになさり、のしの表書きは「お中元」と書いたものを送られると良いでしょう。

※お中元の時期を過ぎた場合は「暑中御見舞」や「残暑御見舞」と書いてください。

 

もし、不安な場合は、お中元の品物を購入されるお店で、『喪中の方へ送るため、白無地ののし紙(奉書紙)で、表書きは「お中元」でお願いします。』とお伝えされれば、お店の方もそれに合わせた対応をしてくれると思います。

 

また、お中元の品物ですが、果物や日持ちがしないものは避けるようにして、《乾物系》や《お茶やコーヒー》などであったり、《缶詰類》などの「保存がきくもの」を選ばれるようになさってください。

 

上記のもの以外にも保存がきくものであれば、一般的にお中元で選ばれているものの中から選ばれても良いでしょう。

 

ただし、「お線香」などの仏様にお供えするものとしての意味合いが強いものは避けるようになさってください。

 

また、添え状を付ける場合であっても、喪中である事を意味するような言葉などは入れないようにご注意くださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

基本的にお中元は相手の方への日頃の感謝の気持ちを込めて送るものですので、喪中の方であってもお中元を送ること自体には問題はありませんが、やはり、喪中ということもありますので、それなりのマナーだけは守るようになさることが大切です。

とはいえ、日頃の感謝の気持ちを込めて送るものですから、マナーだけには気を付けられて、相手の方が喜ばれそうなものを意識なさってお選びになられてさしあげてくださいね。

-夏の行事
-,