色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

夏の行事

お中元のお返しは必要?する場合の時期はいつまで?お礼の仕方は?

09d9ac749d698b9272b42a9384469279_s

お中元を頂いた場合、「お返しは必要なのかどうか?」と悩む方もいらっしゃるかと思います。

お返しは必要ないと言う話を聞いたりもしますが、実際のところはどうなのか気になるところですよね。

ここでは、お中元を頂いた場合のお返しは必要なのかどうか、もしお返しをする場合はいつまでにすると良いのか、その場合のお礼の仕方はどうすると良いのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

お中元のお返しは必要なの?

お中元のお返しは必要なのかどうかですが、本来は必要ありません

 

お中元は日頃からお世話になっている方への感謝の気持ちを表すためのものとして贈られるものとなりますので、そのことに対するお返しは本来は必要ないというのが一般的な考え方となっています。

 

ただ、お返しは必要ありませんが、品物を受け取った場合は、そのお礼を伝えるのはマナーとして必要なことですので、品物を受け取った場合はすぐに相手の方にお礼の電話をするようになさることが大切です。

 

そのようにされることで、相手の方へ品物を受け取ったことに対する感謝の気持ちを伝えるだけでなく、無事に品物が届いたということを知らせることも出来るため、相手の方も安心することが出来ます。

 

そのため、お返しは必要ありませんが、品物を受け取ったら出来る限りすぐに相手の方へお礼の電話をするようになさってさしあげてくださいね。

 

お中元のお返しの時期はいつまでにするものなの?

お中元のお返しをする場合はいつまでにすると良いのかですが、基本的には出来る限り早いほうが良く、お返しを出す時期の目安は「当日に可能なら当日」にするようにして、それが難しくてもできれば『3日以内』には出すようにされると良いでしょう。

 

お返しをされる場合は、品物が届いたら、まずはすぐにお礼の電話をされてからお返しをされるようになさり、もし、品物を送られる場合は、理想はお礼状と品物を一緒に出されると良いですが、品物をすぐに送ることが難しい場合は、お礼状だけでも「3日以内」には出すようになさってください。

お中元のお返しのお礼はどのようにすると良い?

お中元のお返しをする場合のお礼の仕方はどうすると良いのかですが、本来はお返しは必要ないですので、お返しはなくても良いのですが、お礼状だけは出すようにされると良いでしょう。

 

品物が届いた時にお礼の電話をすぐにされることは大切なことではありますが、親しい間柄ではない場合は、お礼を電話だけで済ませるのはマナー違反となりますので、お礼状を出すようになさってください。

 

親しい間柄の場合は、お礼を電話で済ませるだけでも特に問題はないのですが、出来ればお礼状を出すことで感謝の気持ちをより伝えることが出来ます。

 

また、品物を受け取った場合、「頂いたままではどうも気が引けるので、何かしらの品物は贈りたい。」という方もいらっしゃるかと思います。

 

その場合の品物は、相手の方の好みなどがわかっている場合は、その好みに合う品物を贈られると相手の方も喜ばれますし、もし、好みなどが分からない場合は、《お中元の時期に贈られる消え物》を贈るようにされると良いでしょう。

 

その際の金額の相場ですが、贈られた品物の【半返し】が一般的な相場となっています。

 

頂いた品物と同額、または、それ以上の金額のものを贈った場合、『次回からは不要です。』という意味として相手の方に取られてしまいますので、お返しをする際はご注意なさってください。

 

半返しが一般的となっていますが、必ず半額のものを贈らないといけないのかというとそうではなく、あくまでも目安となる相場ですので、「5,000円」ほどの品物を頂いた場合は、『3,000円』ほどのお返しをされても特に問題はありません。

 

ただ、出来る限り半額に近いあたりの金額の品物を選ばれるようになさることは大切ですので、お返しで品物を贈られる場合はそのことは意識されるようになさってくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

基本的にはお中元のお返しは不要と考えられていますが、お礼の電話をすることやお礼状を出すことだけはされるようになさることが大切です。

今後のお付き合いを考えた時、または、あなたご自身のお気持ちから品物を贈ったほうが良いと考えられた場合は品物を贈られても良いですが、「半返し」を目安として品物を選ばれるようになさってくださいね。

-夏の行事
-,