色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

夏の行事

お中元の時期はいつからいつまで?何を贈ると良い?金額の相場は?

a55579b38156b59ecf8464ea0c6b1a12_s

お中元を日頃からお世話になっている方に贈ろうと思った時、「お中元はいつからいつまでに贈るようにすると良いのか?」と悩む方もいらっしゃるかと思います。

日頃の感謝の気持ちを込めて贈るわけですので、マナー違反だけは避けたいところですよね。

ここでは、お中元を贈る時期はいつからいつまでの期間中に贈ると良いのか、品物は何を贈ると喜ばれるのか、一般的な相場はどれくらいなのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

お中元の時期はいつからいつまでなの?

お中元を贈る時期ですが、現在では「7月初旬から中旬頃まで(土用の入り前まで)」の間に贈るのが一般的となっています。

 

元々、東日本と西日本では送る時期に違いがあり、

・東日本では「7月初旬から15日頃まで」

・西日本では「8月初旬から15日頃まで」

の期間にお中元を贈る時期とされていますが、相手の方が上記の期間どおりに従ってお中元を送っている方ではない限り、現在のお中元が贈られる時期に合わせて送られれば良いでしょう。

 

もし、万が一、お中元を出す時期を過ぎた後に贈られることになった場合は、お中元ではなく『暑中見舞い』か『残暑見舞い』として贈るようになさってください。

 

お中元は何を贈ると喜ばれるの?

お中元は何を贈ると喜ばれるのかですが、一番の理想は贈る相手の方の好みが分かっている場合は、その好みに該当する品物を贈るのが喜ばれますが、なかなか分からないということもあるかと思います。

 

そのような場合は、年齢や性別、家族構成(分かる範囲内で)などから考慮して品物を選ぶようにすると良いですが、それでも迷う場合は、お中元の品物として定番となっているものの中から「消え物」を贈られると良いでしょう。

 

ご参考までに、あるアンケート結果による、お中元に貰いたい品物をお伝えしておきますと、

・1位⇒「商品券」

・2位⇒「ビール」

・3位⇒「産直の生鮮食料品」

・4位⇒「洗剤」

・5位⇒「コーヒー」

・6位⇒「調味料/食用油」

・7位⇒「ハム/ソーセージ」

・8位⇒「そうめん」

・9位⇒「100%果汁飲料」

・10位⇒「海苔/乾物」

となっています。

 

ただし、目上の方に《商品券》や《現金》を送るのは基本的にマナー違反となりますのでご注意ください。

 

また、生ものを送られる際は、日持ちしない品物となりますので、遠慮なく相手の方のご都合を確認されてから送られるようになさってください。

 

上記でお伝えしました品物でもまだ迷われるようでしたら、「選べるカタログギフト」をご利用になさられても良いでしょう。

お中元の金額の相場はどれくらいなの?

お中元の金額の相場ですが、一般的には「3,000円~5,000円」程となっています。

 

特別お世話になっている方に対しては金額の相場は上がり、「5,000円~10,000円」程になったりしますが、あまりに高価なものを贈ると相手の方がかえって負担に感じてしまうため、高くても『5,000円~6,000円』くらいまでの間に抑えておいたほうが良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

お中元は、日頃お世話になっている方への感謝の気持ちを込めて贈るものですので、相手の方のことをあなたなりにお考えになられて、あなたらしいお気持ちが込められた贈り物を贈られてくださいね。

-夏の行事
-,