色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

旅行や行楽

葵祭は有料観覧席がないと見れない?おすすめ見物場所やアクセス方法は?

271170

京都の葵祭の行列を見に行こうと思った時、「有料観覧席を購入しないと見ることができないのか?」や、「もし、無料で見れるのならどこの場所で見れるのか?」など気になる方もいらっしゃるかと思います。

そのどちらかによって今後の予定も変わってくることもあるので、気になるところですよね。

ここでは、葵祭の行列は有料観覧席を購入しないと見られないのか、無料で見られる場所はあるのかどうかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

葵祭の行列は有料観覧席を購入しないと見られない?

葵祭の行列は有料観覧席を購入しないと見ることができないのかどうかですが、結論から言いますと、見ることができます

 

一番良い場所から行列を見るためには有料観覧席から見ることではありますが、有料観覧席と言っても、席の後ろの方になると人によっては見えづらい場合もありますので、見るための場所を確保することは確かにできますが、座る席の場所によっては必ずしも有料観覧席がベストだとは限らなかったりします。

 

有料観覧席でなくても、無料で十分に行列を見られる見物場所もありますので、「有料観覧席を購入できなかった…。」であったり、「できれば無料で見られるならそうしたい。」という方は安心してくださいね。

 

葵祭のおすすめの見物場所はどこなの?

葵祭の行列を見ることが出来るおすすめの見物場所を以下にご紹介していきますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

御所の出口

葵祭の行列は「京都御所」から出発しますが、その御所の出口付近がおすすめの見物場所となります。

 

ただし、この場所はかなり良い場所ということもありますので、場所取りが激しい場所でもあります。

 

そのため、出来る限り早い時間帯(午前8時~9時頃まで)には現地に到着し場所を確保するようになさってください。

※場合によっては、上記時間帯でもそれなりの数の人がいることもあります。

 

場所取りが激しいと場所ということもあり、一度場所を確保したらその場から離れられませんので、事前にトイレを済ませておくことや、飲み物や小腹がすいた時の食べ物なども用意しておきましょう。

 

また、この場所は雨宿りをする場所もないため、当日の天候が不安定な場合は傘や合羽などの雨具は持って行かれたほうが良いでしょう。

 

この場所での見学を終えましたら、「下鴨神社(賀茂御祖神社)」など、行列が通るルート先へ先回りすることもできますので、場所取りは激しいですが、『一度だけでなく、もう一度行列を見て楽しみたい!』という方には特におすすめの場所となります。

 

丸太町通沿い

こちらは、「京都御所」を出発した時のルートの中で一番最初の一般道となる場所でして、上記でご紹介しました《御所出口》のすぐ近くに当たる場所となります。

 

こちらの場所も、京都御所に近い場所ということもあって、場所取りが激しい場所となります。

 

下鴨本通

葵祭の行列が通るルートには「下鴨神社」がありますが、その下鴨神社付近での見物場所が《下鴨本通》となります。

 

この下鴨本通には「加茂みたらし茶屋」をはじめ、食事をするところがいくつかありますので、おすすめの場所となります。


葵祭へのアクセス方法はどうなってる?

葵祭の行列の出発点となる「京都御所」や、途中に立ち寄るルートである「下鴨神社」、行列のルートの終着点である「上賀茂神社」へのアクセス方法をご紹介します。

 

『京都御所』へのアクセス方法

1:「JR京都駅」から『地下鉄烏丸線/国際会館行』に乗る

2:「丸太町駅」で降りて、《1番出口》から出る

 

『下鴨神社』へのアクセス方法

・京都駅から『市バス(4番、205番)』に乗り、「下鴨神社前」で下車する

 

『上賀茂神社』へのアクセス方法

1:京都駅から『地下鉄烏丸線/国際会館行』に乗る

2:「北大路駅」で降りて、駅から徒歩2分ほどに向った先にある「北大路バスターミナル」へ向かう

3:「北大路バスターミナル」から『市営北3/京都産大前行』に乗り、「上賀茂御薗橋(バス停)」で降りる

4:徒歩5分ほどで上賀茂神社へ到着

 

葵祭当日は、行列が通る時間帯の周辺道路は交通規制が敷かれますので、バスを利用される場合は早めの時間帯での移動をおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

葵祭の行列が行われる当日は多くの方が訪れますので、見物するための場所取りは激しい場所もあったりしますし、周辺の道路は交通規制が敷かれたりします。

そのため、場所取りをする場合や、バスでの移動の際には、出来る限り早めの時間帯に目的地へ着くことを意識されて行動をなさってくださいね。

-旅行や行楽
-,