色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

夏の行事

横浜開港祭の花火が見られる穴場の場所は?最寄り駅は?混雑状況は?

プリント

横浜開港祭の花火を見に行きたいと思った時、できればあまり混んでいる場所は避けたいですので、「穴場スポットはどこかにないかな?」と気になる方もいらっしゃるかと思います。

もし可能なら、あまり人がいない場所で花火を見ることが出来たら良いですよね。

ここでは、横浜開港祭の花火が見られる穴場の場所や最寄りの駅はどこか、周辺の混雑状況はどうなのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

横浜開港祭の花火が見られる穴場の場所は?

横浜開港祭の花火が見られる一番のおすすめ場所はメイン会場となりますが、チケットもなかなかの金額となっていますので、どうしてもそこで見たいという強いこだわりがない場合は、なかなか「よし、チケットを購入しよう。」とはなりにくいですよね。

 

また、仮にチケットを購入しないでメイン会場周辺で見ようと思っても周辺は大変混雑することからあまりおすすめはできませんので、横浜開港祭の花火が見られる穴場の場所を以下にご紹介していきますね。

 

ぷかりんさん橋

横浜開港祭の会場内にあり、横浜開港祭の開催中はイベントのテントがあるのですが、花火大会直前になるとテントが撤去されるため、結構な穴場となります。

 

実際にイベントスタッフの方たちはここで見ている人も多かったりしますので、全く人がいないというわけではないですし、混雑もそれなりにしますが、その他の場所と比べても、テントがあるために場所取りをされているところでもないため、おすすめの穴場の場所なります。

ぷかりんさん橋の住所…「〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-1

 

カップヌードルミュージアムパーク

花火大会が行われるメイン会場に近いこの場所は人も多く集まりますので、早い時間帯から場所取りが必要となりますが、ここでの場所を駆歩できた場合は、花火をしっかりと堪能することができます。

カップヌードルミュージアムパークの住所…「〒231-0001 神奈川県横浜市 中区新港2-6

 

大さん橋

横浜開港祭の花火を見る場所として多くの人が集まる「赤レンガ倉庫」や「山下公園」の近くにある横浜港の湾岸施設です。

 

ただ、上記の場所周辺ということもあって、穴場の場所といってもそれなりに混みます。

大さん橋の住所…「〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通1丁目1番4号

 

山下公園

山下公園でも花火を見ることはできますが、木が多かったりすることから、場所によっては花火が見えづらいところもありますので、こちらに行かれる場合はご注意なさってください。

山下公園の住所…「〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町279

 

横浜開港祭花火大会に行く際の最寄り駅はどこなの?

横浜開港祭の会場の最寄り駅と、上記でご紹介しました横浜開港祭の花火が見られる穴場の場所の最寄り駅をご紹介していきますね。

 

まず、横浜開港祭花火大会の会場の最寄り駅は「横浜高速鉄道/みなとみらい線」の『みなとみらい駅』となっていまして、その他にも、「JR根岸線」の『桜木町駅』からは無料のシャトルバスが出ています。

 

次に、おすすめの穴場の場所の最寄り駅をご紹介していきます。

 

ぷかりんさん橋

最寄り駅は「みなとみらい線」の『みなとみらい駅』となっていまして、【距離は750m/所要時間はの目安は約10分~12分程】となっています。

 

カップヌードルミュージアムパーク

最寄り駅は「みなとみらい線」の『みなとみらい駅』となりますが、みなとみらい駅の隣の駅である『馬車道駅』からも行くことができまして、こちらの馬車道駅からは《赤レンガ倉庫》にも近い駅となっています。

 

みなとみらい駅から徒歩で向かう場合は、【距離950m/所要時間の目安は15分~20分程】となります。

 

馬車道駅から徒歩で向かう場合は、【距離1.1km/所要時間の目安は17分~23分程】となっています。

 

大さん橋

最寄り駅は「みなとみらい線」の『日本大通り駅』となっていまして、この駅からは《山下公園》へ向かうこともできます。

 

日本大通り駅からは【距離は800m/所要時間の目安は約10分~11分程】となっています。

 

また、駅からは徒歩で6分ほど歩いた先にある『大桟橋』というバス停があり、そこから大さん橋までバスが出ていますが、料金がかかりますし、徒歩でも向かうことが出来る距離でもありますので、歩くのが大変だったり、歩くのが面倒ではない限り、歩いていったほうが良いかと思います。

 

山下公園

最寄り駅は「みなとみらい線」の『元町・中華街駅』となり、少し離れますが、『日本大通り駅』からも行くことができ、この日本大通り駅からは《赤レンガ倉庫》に向かうこともできます。

 

元町・中華街駅から徒歩で向かう場合は、【距離500m/所要時間の目安は6分~8分程】となっています。

 

日本大通り駅から徒歩で向かう場合は、【距離900m/所要時間の目安は11分~13分程】となります。

横浜開港祭花火大会の混雑状況はどうなの?

横浜開港祭花火大会には毎年70万人以上が訪れるため、周辺は大変混雑します。

 

また、朝の早い時間帯から場所取りもすでに行われていたりしますので、ご自身が「ここで見たい!」という場所があるのでしたら、出来る限り早い時間帯までには目的地周辺に着き、場所取りが出来る場合は場所取りを始められたほうが良いでしょう。

 

無料シャトルバスが出ているくらいですので、その混み具合はそれなりの混み具合だということがご想像できるかと思います。

 

そのような状況のため、もし、車で来ようと思われていましたら、その場合は大変な目に遭ってしまう可能性が高いため、車で来られるのはおすすめできませんので、出来る限り公共交通機関を利用されるようになさってくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

横浜開港祭の花火を見るために多くの方が訪れるため大変混雑しますので、出来る限り早めに目的地に着かれるようになさることをおすすめします。

横浜の夜景と花火をご堪能なさって、ぜひ楽しい思い出になさってくださいね。

-夏の行事
-,