色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

春の行事

五月人形の処分方法はどうする?その時期の目安はいつ?神社が良いの?

2f6b4460677be6cb0e0894ed29efc431_s

五月人形を処分をしようと考えた時、そのままゴミとして捨てるのもなんだか気が引けるので、どのように処分をしたら良いのか悩むところですよね。

大切なお子さんを見守ってくれていた五月人形ですので、処分するにしても出来る限り良い方法でしてあげたいところですよね。

ここでは、五月人形を処分する方法はどうすると良いのか、処分する時期はいつごろが目安となるのかなどをご紹介しますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

五月人形の処分方法はどうすると良い?

五月人形の処分方法ですが、粗大ごみとして処分することも可能ですが、出来ればこのような方法ではしたくないという方も実際に多くいらっしゃいます。

 

その場合の処分方法ですが、処分というよりはこれまでの感謝の気持ちを込めて供養してもらうという方法があります。

 

供養してもらう方法ですが、

・神社やお寺に供養をお願いする

・人形供養代行サービスに申し込む

・人形専門店の人形報恩祭に持っていく

という方法があります。

 

神社やお寺に供養をお願いする

神社やお寺では全てではありませんが、「明治神宮」や「結城諏訪神社」などをはじめ、人形の供養を行ってくれるところがあります。

 

「明治神宮」では、毎年10月頃に『人形感謝祭』が開催され、人形を持参することにより有料ではありますが供養をしてもらうことが出来ます。

 

供養してもらう際に費用は、おおよそ《45リットル》のビニール袋に入る程度の大きさの人形1体に付き「3,000円」となっていますが、これ以上の大きさになる場合は、金額がさらにプラスされます。

 

「結城諏訪神社」では、事前の連絡が必要で有料となりますが、時期は関係なく持ち込みによる供養をお願いしてもらうことが出来ます。

 

また、持ち込み以外でも『宅配での受付』も年中行われていまして、この場合は事前の連絡は必要ありません。

 

どちらの方法でも、人形の大きさにより供養してもらう費用(玉串料)がかかりますが、一番小さいサイズであります、『ダンボールの縦+横+高さが100㎝までの箱』で「3,000円」となり、大きくなるにつれて費用も多くかかります。

 

詳細に関しましては、明治神宮や結城諏訪神社の公式サイトにてご確認頂くことができますので、よろしければご確認なさってみてくださいね。

⇒ 明治神宮の公式サイトを確認する

⇒ 結城諏訪神社の公式サイトを確認する

 

人形供養代行サービスに申し込む

「日本人形協会」が『日本郵便』と提携して、ゆうパックによる人形供養の代行サービスに申し込むことで供養をしてもらう方法です。

 

サービスにお申込されますと、《お人形差出キット》というものが送られてきますので、そこにお人形を入れて事務局に贈ることで供養代行をお願いする形となります。

 

梱包する箱はご自分で用意していただくことになりますが、料金は「1箱5,000円」となっています。

 

供養代行とありますが、供養してもらう場所は「東京大神宮の人形感謝祭」にて供養されます。

 

詳細に関しましては、日本人形協会の公式サイトにてご確認頂くことができますので、よろしければご確認なさってみてくださいね。

⇒ 日本人形協会の公式サイトを確認する

 

人形専門店の人形報恩祭に持っていく

人形専門店でも人形の供養が行われていたりしまして、人形専門店「人形の久月」が毎年『5月頃』に人形報恩祭を行っていますので、そちらに人形を持参して供養をしてもらうという方法があります。

 

費用は、人形1体につき「3,000円」で予約は不要となっています。

 

詳細に関しましては、人形の久月の公式サイトにてご確認頂くことができますので、よろしければご確認なさってみてくださいね。

⇒ 人形の久月の公式サイトを確認する

 

五月人形を処分する時期はいつ頃なの?

五月人形を処分する時期の目安ですが、そもそも五月人形には子供を厄災から守り健やかに成長することを願うものですので、現在ですと諸説ありますが、子供が成人するまで(20歳になるまで)を目安に考えられると良いです。

 

昔は元服を迎える「15歳(現在では義務教育を終える年齢)」であったり、昔は子供の死亡率が高かったことから『7歳』を迎えることが出来れば無事に成人することが出来ると考えられていた頃から7歳まで人形を飾るという事がありました。

 

このような名残が今も残り、「7歳まで飾る」というご家庭も多かったりします。

 

もちろん、これらには諸説がありますので、どれが正しいとはいえませんが、現在では成人を迎える「20歳」頃を目安にされれば良いですが、義務教育を終える「15歳」頃を目安にされても良いです。

五月人形の処分は神社にお願いしたほうが良い?

五月人形の処分方法を上記でお伝えしました内容をご参考に処分方法をお考えいただければ良いかと思いますが、必ず神社やお寺で供養してもらわなければいけないというわけではありません。

 

ただ、そのままゴミとして処分するよりは、これまでの感謝の気持ちを込めて供養されたほうが良いかと思いご紹介をさせていただきました。

 

上記でご紹介しましたところ以外でも、全てとは言いませんが、あなたの身近のお寺や神社でも、特にお知らせなどがなかったとしても人形の供養をしてくれるところがある場合もあります。

 

そのため、近くのお寺や神社がありましたら、まずはご相談なさってみるのも良いかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

大切なお子さんをずっと見守ってくれていたお人形ですので、出来れば、今までの感謝の気持ちを込められた供養をなさることが一番適した方法だといえると思います。

-春の行事
-,