色々な話ごと

ちょっと気になることについてのお話をお伝え!

冬の行事

大掃除で換気扇を重曹で掃除する方法!洗剤での方法やフィルター掃除は?

2016/11/04

108379

大掃除で換気扇を掃除するのは結構大変だったりしますが、「掃除しないと、どんどん油汚れなどが溜まっていって大変なことに…。」ということになりかねないので掃除をする決意をしたけど、いざ掃除をするとなるとやっぱり面倒ですよね…。

ここでは、換気扇の掃除を行う際に重曹や洗剤を使った簡単な掃除方法や、フィルターをキレイに掃除するコツなどをご紹介していきますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

大掃除で換気扇を重曹を使ってキレイにする方法とは?

大掃除で換気扇を掃除する際、重曹を使うと頑固な油汚れなども結構簡単に掃除をすることができます。

 

換気扇をキレイに掃除するには、換気扇を分解する必要がありますが、思わず事故に繋がることになりますので、分解する際は必ずコンセントを抜いてください。

また、換気扇を分解する際はカバーを外して、次にプロペラを外しますが、外す時はプロペラの中央にあるつまみを時計回りに回すと外れます。

油汚れがひどい時や、手が汚れるのが気になる場合は、ゴム手袋などを使われると良いでしょう。

 

レンジコートの場合は網目のカバーを外して、ファンを外していきますが、カバーには留め金が付いていますのでそれを外せば簡単に取ることができます。

また、ファンは時計回りに回していけば外せます。

※商品によって違いがある場合がありますが、その場合は、その商品の説明書に従って分解してくださいね。

 

換気扇の分解が終わり、いよいよ重曹で掃除をしていきますが、重曹は弱アルカリ性の天然物質で軽い研磨剤としての役割や酸性の汚れ落としに向いているという役割を持っています。

 

換気扇を重曹で掃除する際には、

1:直接換気扇のパーツに振りかけてそのままこすっていく方法

2:重曹をペースト状にして、それをパーツの汚れなどに付けていく方法

3:熱湯(または、70℃前後の熱い湯)に重曹を入れつけ置きする方法

と、大きく3つに分けられます。

 

「1」の方法は、こすり洗いをスムーズに行うことができる部分に関しては、この方法を取りこすり洗いをしていきます。

 

「2」の方法は、そのままのこすり洗いが難しい細かい部分があるパーツや、そのままのこすり洗いでは取れなかった油汚れなどを落としたい時に有効な方法です。

重曹のペーストを作る方法ですが、重曹と水の割合を「2(または3):1」の割合で、適当な容器に入れてかき混ぜるだけで作ることができます。

重曹のペーストを付けてから、「40分~1時間」ほど置いておきますが、時間が経つと、白いペーストが茶色くなってきたりしまして、それが洗い掃除をするサインですので、ブラシなどを使って洗っていきましょう。

 

「3」の方法は、一晩など、ある程度の時間をつけ置きしておくことで、簡単に汚れをこすり落とすことができますが、その分ちょっと手間だったりします。

つけ置きの仕方ですが、熱湯、または、70℃前後の熱い湯をシンクなどに、換気扇のパーツたちがしっかりと浸かるくらいまで溜めていき、そこに重曹を1カップ(200cc/ml)ほど入れてかき混ぜます。

重曹はそれなりの量を使うことになりますので、「3」の方法をする時は重曹の残量をしっかりとご確認なさってください。

 

重曹は100均でも売られているなど、安く手に入れることができますので、ぜひご活用なさってみてくださいね。

 

大掃除で換気扇を洗剤を使ってキレイにする方法とは?

大掃除で換気扇を掃除する際ですが、洗剤を使うことでキレイに掃除をすることができます。

 

油汚れを落とす際に使う洗剤ですが、「洗濯用洗剤」をおすすめします。

洗い方はつけ置き洗いとなりますが、70℃ほどの熱いお湯に付属のスプーン1杯分を溶かして、暫くの間(2~3時間ほど)洗うパーツたちをつけておきます。

その後、軽くなでるように洗い流すだけで汚れを落とすことができます。

 

洗濯用洗剤の他にも「粉石けん」もおすすめです。

粉石けんで洗う場合は、

1:シンクに熱湯、または、70℃前後の熱い湯をはる

2:粉石けんをお湯に溶かし、3分ほどつけ置きする

3:3分つけ置きしたら、そのお湯の中でスポンジ洗いをする

いう方法と、

 

1:40℃くらいのお湯「1リットル」に対して、粉石けんを「コップ1杯分(180~200ml)」の割合で混ぜて、しばらくそのままにしておく

2:しばらくするとプルプルのゼリー状になるので、それで汚れをなでるように擦り落としていく

という方法がありますので、よろしければご参考になさってみてくださいね。

 

大掃除で換気扇のフィルターをキレイにするコツは?

大掃除で換気扇のフィルターをキレイにするコツですが、上記でお伝えしました「重曹」を使うとキレイに汚れを落とすことができます。

 

ただ、フィルターは細かい網目状になっているため、重曹をそのままふりかけてこすっていくという方法はかなりの重労働となりますので、つけ置きする方法でキレイにしていきます。

 

そのつけ置きする方法ですが、

1:シンクに熱湯、または、70℃前後の熱い湯をはる

※できれば熱湯が良いですが、その際やけどには十分に注意してください。

2:そこに重曹を入れてかき混ぜたら、フィルターを1晩漬ける

※この際の重曹の量は1カップ程度が目安です。

3:1晩漬け終えたフィルターに重曹ペーストを塗っていく

※重曹ペーストの作り方は上記でお伝えした内容と同じです。

※網目にも歯ブラシなどを使ってしっかりと塗りこんでいきます。

4:重曹ペーストを塗り終わったら40分~1時間ほどおいておく

5:ペーストの色が「白から茶色っぽく」なってきたら、汚れをブラシなどを使って洗い流す

 

少し手間がかかりますが、以上がフィルターをキレイに掃除するコツとなります。

ゴシゴシ洗っていくよりも、労力をそれほどかけることなくキレイに汚れを落とすことができますので、ぜひご参考になさってみてくださいね。

 

まとめ

大掃除での換気扇掃除は、なかなか一筋縄ではいかない掃除となりますが、少しでもお役に立つことができれば嬉しく思います。

-冬の行事
-,